フジテレビ初主演 山﨑賢人が小児外科医の世界を舞台に、初の医師役に!

フジテレビ初主演 山﨑賢人が小児外科医の世界を舞台に、初の医師役に!

7月12日スタート!毎週木曜22時から放送


■山﨑賢人が初の医師役に!





今夏の木曜劇場は主演・山﨑賢人さんによる、日本にたった0.3%しかいない小児外科医の世界を舞台にしたメディカル・ヒューマンドラマ『グッド・ドクター』をお送りすることが決定しました。山﨑さんは、本作がフジテレビ系ドラマ初主演であり、初の医師役に挑むこととなります。



山﨑さんが演じるのは自閉症スペクトラム障がいでコミュニケーション能力に問題を抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊(しんどう・みなと)。幼い頃から小児外科医になることが夢だった湊が、ある日、レジデントとして小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にさらされながらも、子どもたちの命のために闘い、子どもたちの心に寄り添い、そして子どもたちとともに成長していく姿を、あふれるほど情感豊かに描いていきます。



同時に、ただ子どもを救いたいだけという、子どものように純粋な湊は、病院の慣例や都合と衝突し、さまざまなトラブルや問題を起こしてしまいます。そんな時に発せられる湊や周囲の言動は「本当に良い医者とは?」ひいては「人としてどう生きるべきか?」という命題を、視聴者の胸へ深々と突き刺します。この夏、山﨑さん演じる湊が子どもたちを笑顔で包み、そして視聴者を大きな感動で包み込む『グッド・ドクター』、ぜひご期待ください!


山﨑賢人、フジテレビ初主演!


主人公の湊を演じる山﨑さんは、俳優デビュー8年目となる今年、すでに連続ドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系 1月~3月)のホスト役、映画『羊と鋼の森』(6月8日公開)の調律師役で主演を務めており、本作がフジテレビ系ドラマ出演は『好きな人がいること』(2016年7月~9月)以来2年ぶり、そして満を持してのフジテレビ系ドラマ初主演、さらに初の医師役となります。初の医師役ながら、小児外科という、特殊性のある分野で、かつサヴァン症候群であるという難しい役どころに挑むことに。果たして山﨑さんが、新堂湊というこれまでにないまったく新しい医師像をどのように作り上げるのか、大きな期待がかかるとともに、子どものように純粋な湊を演じる山﨑さんが、患者である子どもと向き合っている時に見せる仕草や表情、その笑顔は、究極の癒やし系医師として視聴者の皆さんの胸をわしづかみにすることは間違いありません。


山﨑「伝えたいメッセージがたくさん詰まった作品です」


Q:今回、初めてのフジテレビ系ドラマ主演。ご感想をお聞かせ願えますでしょうか?

「『好きな人がいること』でご一緒させていただいた金井監督、藤野プロデューサーとまた一緒にできること、そして主演として参加させてもらえることが、とてもうれしいです。新たなスタッフ、キャストの方々との出会いもすごく楽しみです」



Q:初の医師役となりますが、実際に白衣に袖を通されてのご感想をお聞かせ願えますでしょうか?

「医療は僕にとって、とても未知な世界でした。大きなプレッシャーを感じていますが、医師全体の0.3%しかいない小児外科医がドラマを通して少しでも多くの方に注目されるように、新堂湊を通して深く潜り込んでいければと思います。僕自身は、患者と同じ目線になって親身になってくれる先生にすごく安心、信頼がおけるので、そんな医師を作り上げていきたいと思います」



Q:難しい役どころとなりますが、気をつけたい点など役作りの上で考えていることを教えていただけますでしょうか?

「特別な意識を持たずに素直に演じたいです。僕にとってもまだまだ未知数で、無限の可能性を秘めた新堂湊が、みなさんに愛されるような存在になれば良いなと思います」



Q:『グッド・ドクター』に出演するにあたり、視聴者へ意気込みとメッセージをお願いします。

「伝えたいメッセージがたくさん詰まった作品です。毎週、見た人の心が温かくなるように、ひたむきに小さな命と向き合っていけたらなと思います」


■番組情報


<タイトル>



『グッド・ドクター』


<放送日時>



7月12日スタート 毎週木曜22時~22時54分放送 初回15分拡大


<キャスト>



山﨑賢人 他



カテゴリ