女子がやっても効く!「人たらし男子」が教えるモテマニュアル

女子がやっても効く!「人たらし男子」が教えるモテマニュアル

一見、素朴なフツメンなのに、水面下は絶大な支持を受け、そこらのイケメンより女をとっかえひっかえしている「人たらし男子」っていますよね。

高嶺の花から普通の女子まで、あらゆる層にやたらとモテる、そんな彼らのモテテクは、実は女子もこっそり使えるものばかり。

人たらしが人の心を奪うテクニック、教えます。



ハードルは下げろ!ルックスは親しみやすく


見る人によってはたまらなくイケメンに見える一方、「大したことないじゃん」と思う人もわりといる……。これくらいの整い方のルックスが、人たらしにはベスト。敷居の高さを感じさせず、何度か会うとステキに見えてくるくらいが、じわじわ心を奪うさじ加減。

平凡な顔立ちでも、さりげなく手を加えた眉毛や、キレイな肌、清潔感のある白い歯、流行に乗りすぎない安心感あるファッションなどで「よく見るとステキ」を演出するのが彼らはうまいのです。気づけば「私だけがこの人のステキな部分を知ってるのかも?」そんな気分にさせられます。

売れている女性アイドルも、隣のクラスにいそうだけど、実際探すとまずいない、普通っぽいのに整ったビジュアルの人が多いもの。

「究極の普通」は悪目立ちせずあらゆる層にモテるコツ。女子がマネする場合も「白い歯」「髪のツヤ」が重要になりますが、メイク感を出さずに顔を美しく見せるのは眉毛がカギに。丁寧に整えましょう。


心を開いているように見せる


いきなりタメ口の男はなれなれしくてイラッとするけど、いつまでも敬語の男には壁を作られているように感じませんか?

人たらし男は、人間関係の距離の取り方が絶妙。基本は礼儀正しく敬語だけど「ありがとう」「美味しい」「楽しかった」などの感情表現はタメ語を使います。

「礼儀正しいけど心は開いてる」ように見せるのが得意です。

また、誰しも一人で歩いている時は無表情になりがち。これを利用して待ち合わせ場所で相手と目が合ったら突然満面の笑みになるテクも「おっ?」と思わせる効果大。

対男性のほうが効くテクなので、はたから見れば怪しいですが、自意識を捨ててトライする価値はあり!


ライバルの影も時には見せる


人たらし男は、自分に気のある女たちに、ライバルの影を見せつけるのがとても上手です。

デート中でも、センスはいいけど自分のチョイスではないような服を着ていたり、ほかの女からであろう電話に出たりすることも。

「ほかの女の話はしないからやっぱり自分で買ったのかな」「あわてず普通に出たから仕事の電話かもしれない」など、都合良く妄想させる余地を残しているのが特徴です。


弱みは上手に見せる


弱みと言っても、まず見せるのは「頭が痛い」「風邪気味」など身体的なもの。

はじめから重いメンタルの弱みをシェアすると「この人大丈夫?」となりがち。単なる事実である「体調が悪い」ことを使って甘えさせてくれる女の見極めを行うのが人たらし男のテクです。

ここでレスポンスのいい女には、その後もちょいちょい甘えてその気にさせていきます。また、壁を感じるタイプの子にいきなりちょっと図々しいお願いをしてみて、応じてくれたら大喜び……などのイレギュラー対応をすることで「甘えられるなんて、私って特別?」と思わせつつ壁をこじ開けてくることも。

人にしてもらったことよりも、してあげたことの方が印象に残りやすいもの。人たらし男は手間(や、お金)をかけさせた分だけ相手が自分に執着するのをよく知っていますが、女子ももちろん覚えておいて損ナシです。


「計算された普通」だから振り回せるんです


人たらしスキルは「自分だけがこの人の魅力を知っている」と思わせる演出が決め手。ただの普通ではなく、ライバルの影をさりげなく見せて嫉妬をあおるなど、ちょっとした刺激をさしはさんできます。知らぬ間に独占欲を掻き立てられるこのバランス、身につける価値はありそう。(草薙なぎこ/ライター)

(愛カツ編集部)


カテゴリ