逆効果になるだけ!男性が落ち込んでいるときの「ダメな励まし方」

逆効果になるだけ!男性が落ち込んでいるときの「ダメな励まし方」

気になる男性が落ち込んでいたら、なんとかして力になりたいと思ったりもするでしょう。


でも、そこで間違った励まし方をすると、逆効果になり、鬱陶しく思われてしまうこともあり得ます。


そこで今回は、男性が落ち込んでいるときの「ダメな励まし方」を紹介します。


■無理に「フォロー」しようとする


自分が落ち込んだり失敗をしたときにフォローをしてくれようとする女性には、もちろん男性も好印象を持つもの。


ただ、無理にフォローをしようとしてくると、急に鬱陶しさやイラ立ちを感じるようにもなってしまうのです。


「ひとりにしておいてほしい」とか「そっとしておいてほしい」と考える男性も少なくないので、男性の状況や求めているものをちゃんと判断することが重要。


「フォローしてあげたい」という自分の気持ちばかりを優先させてしまうのは危険でもありますよ。


■細かく「聞き出そうとする」


聞き出す女性


落ち込んでいる男性を見たら、「何があったの?」とか「どんなミスをしちゃったの?」なんて思わず細かく聞き出そうとしがち。


でも、やられた男性からすると、これほどイライラする行動はないでしょう。


心配しているからこそ、話を聞いて慰めたり励ましたりしようと思うのかもしれませんが、男性のプライドを傷つける行為にもなりかねません。


男性の方から相談されたり、話を打ち明けられたりするまでは、色々と詮索をするようなことはやめるべきですよ。


■「がんばって」と声をかける


弱っているときに「がんばって」という言葉を投げかけられると、マイナスに響いてしまう危険性も秘めています。


励ますつもりで言っていても、「もっとがんばりなよ」と受け取られてしまったり、「もうがんばってるんだよ」とイラッとさせてしまうようなケースもあるのです。


また、あまりにもありふれたフレーズでもあるので、とりあえず上辺だけで励まされたような感じになったりもするかも。


一番言いやすい言葉でもあるからこそ、軽々しく言ってもいいのかは、しっかりと考えた方がいいでしょう。


■「アドバイス」をする



男性が落ち込んでいるときに、最もやってはいけない励まし方がアドバイスをすること。


ただでさえプライドが傷ついているときなのに、そんなことをされたらプライドはもうズタズタになってしまうでしょう。


余計なお世話を焼かれたり、上から目線でダメ出しをされているような気分にもなり、怒りが湧き起こったりもするかも。


「助けてあげよう」という思いからアドバイスをしようとするのかもしれませんが、求められてもいないのにいきなり意見をするのは、必ずしも男性のためになるとは限りませんよ。


おわりに


男性が落ち込んでいるときの接し方は難しくもあります。


男性がどういう状態にあるのかをちゃんと見極めたうえで励ますようにしないと、イライラさせてしまう結果にもなりかねませんよ。


(山田周平/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ