「返信したい」と思われるLINEテクニック3つ

「返信したい」と思われるLINEテクニック3つ

こんにちは、恋愛カウンセラーの森野ひなたです。


「彼からLINEの返信が来なくて悲しい」そんなお悩みを持つ方はとても多いです。


最初は彼からたくさん来ていた連絡が、つきあいが落ち着くにつれ減ったという経験がある女性も多いのではないでしょうか。


「頻繁でなくていいから、せめてLINEの返信は欲しい」そんな想いを持つ女性に、今回は“彼から返信が来るとっておきの方法3つ”をお送りします。



■1、彼の興味のある話題にフォーカス


誰しも興味のあるものとないものがあります。正直言って興味のない内容のLINEを送ってこられても、彼としては「なんて反応すればいいやら」と困ってしまいます。


彼の関心が高い話題を中心にしましょう。


例えば、サッカー好きの彼にはサッカー関連、株が趣味の彼には株関係の話題にするなど。


人は「好きな話をしたい」と思う傾向があるからです。


さらに、自分と同じものを好きな人には仲間意識が強くなります。


■2、彼に反応する


彼が以前、言っていたことやオススメしていたことに対して“反応”しましょう。


自分が誰かに影響を与えることを好む男性は多いです。


例えば、彼が「この映画すごく面白かったよ」と言っていたとします。


その映画を観て『◯◯くんが前に話してた映画観たよ、すごく感動した』というように“反応”をします。


彼の発言に影響を受けたLINEのため、返信しやすい内容になります。


■3、面白く工夫する


楽しいことが好きな彼には、思わず笑ってしまうようなLINEを送るのもオススメです。


「でも私、そんなに面白いこと思いつかないし」という女性でも大丈夫。


ネットの動画や写真、記事から面白いものを見つけてきましょう。


その他、撮った写真をアプリでマンガ風に加工するなど色々な工夫もアリです。


ポイントは“彼が楽しいと感じること”。面白いものには、つい返信したくなってしまうからです。


■おわりに


いかがでしたか?


彼に「LINEを返して」と不満を伝えるよりも、逆転の発想で「返信したくなっちゃうLINEを送ろう」と工夫してみるほうが、2人の関係はずっと良好でいられます。


参考にしていただけたら幸いです。(森野ひなた/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ