梅沢&一茂がぶった斬り「近代まれに見るクズ会見」「そういう体質なんだよ」

梅沢&一茂がぶった斬り「近代まれに見るクズ会見」「そういう体質なんだよ」

6月6日放送『梅沢富美男のズバッと聞きます!』





梅沢富美男さんが、楽屋で聞いた面白そうな噂話を、「直接ご本人に聞いてしまおう!」という、MCの特権をいかしたトークバラエティ『梅沢富美男のズバッと聞きます!』。6月6日の放送は、ゲストに岡田結実さん、長嶋一茂さん、浜内千波さん、東尾理子さん、吉村崇(平成ノブシコブシ)さんをお迎えしてお送りしました。


■石田純一がまたもや東尾理子に無断で…





今年4月に第3子を出産したばかりの東尾理子さん。「主人(石田純一さん)も私も高齢だったので、3人とも体外受精で出産。授かれただけでも幸せなのに、3人目まで。本当に奇跡的」と感慨深げに語りました。凍結してあった受精卵がひとつ残っており「残しておくか、『破棄』という表現をするんですけど破棄するか、体に戻すか。凍結は、寒いところで待ってくれているというイメージがあった。私は破棄するということができず、暖かいお腹に戻してあげたいと思って、主人と相談して体に戻した」と、その経緯を告白。梅沢さんも「お腹の中に戻したいっていう、そこが素敵なところですよ」と声をかけました。



また石田純一さんが、沖縄で理子さんに無断で冷麺屋さんを始めたことが発覚。

梅沢さんが「なんでわかったんですか?」と尋ねると「『保証人になって』って。(勝手に)始めてて、お金足りなくなったか、借りるのに…」と理子さんが答えたものだから、スタジオ中に悲鳴があがりました。「うまくいってほしい」と言う理子さんに、長嶋一茂さんも「そうだよね、保証人だもんね」と同情していました。


■浜内千波の活躍を支えるご主人





自身考案のダイエット料理で、100㎏以上あった体重→50㎏の減量に成功、これまでに出した本は400冊、考案したレシピの数は7万超え、申し込みが殺到し料理教室は現在4年待ち…と、大人気の料理研究家、浜内千波さん。梅沢さんが「料理研究家は儲かる?」とズバッと尋ねると「そんなバナナでございます!」と返答し笑いを誘います。しかし「料理研究家は、片手間にやってると思ってらっしゃる方が多い。だから次の世代に、ちゃんとした職業であるということを見せるためにも、私が稼いでいこう」と、真面目な一面も見せました。



番組は、浜内さんのご自宅に潜入。予想通りの大豪邸で、高級ソファー、アンティークの磁器、ペルシャ絨毯など、浜内さんが「ちょっとだけお高い万円ですかね」と言うものがズラリ。浜内さんは、都内の一等地に3つの物件を所有し、そのすべてを「お現金」で購入しているとのこと。料理研究家として成功していることを証明しました。



また20年の交際を経て結婚したご主人の勇造さんも紹介。勇造さんは、大物CMプロデューサーでありながら浜内さんに尽くしまくり。その関係は、まるで上司と部下のようで、何を言われても勇造さんは「はい」と直ちに行動。実は、40年前にCMの撮影現場で出会ったふたり。当時まだ見習いだった勇造さんが、プロのフードコーディネーターだった浜内さんに一目惚れし猛アタック。ふたりの関係は、当時のままなんだとか。とはいえ、浜内さんも「彼がいてくれることが理想的ですし、とても大事」と感謝を忘れず、今もラブラブのご様子でした。


■大好評企画「梅沢&一茂のズバッと斬ります!」第2弾





長嶋一茂さんは、梅沢さんと長嶋家御用達グルメに舌鼓を打ちながら、時事ニュースを、忖度なしでメッタ斬り。今回は、日大アメフト部の悪質タックル問題で盛り上がりました。梅沢さんは「近代まれに見るクズ会見」「『宮川君を追い込んだのは私です。私がすべて悪い』って、なんで言えねえんだ」と、かなりのお怒りモード。長嶋さんも「宮川君の記者会見って素晴らしかった。すごく真摯な態度。スポーツマンシップにのっとって真実をすべて出したいと。その人が反則めいたことをやるとは到底思えない。そういう体質なんだよ」とバッサリ。「やったことは悪いこと。でも、それをやらせたのが悪い。間違いなくやらせたんだよ。誰かはっきり言ってくれ。テレビ見ててイライラするんだよ」と、梅沢さんの怒りは治まらず、長嶋さんも「これを言えるのは梅沢さんだけですよ」と、その発言を支持していました。


■番組情報


『梅沢富美男のズバッと聞きます!』


<放送>



6月6日(水)22:00~22:54


【MC】



梅沢富美男


【進行】



阿部哲子


【ゲスト】



池田美優

いとうあさこ

岡田結実

長嶋一茂

浜内千波

東尾理子

吉村崇(平成ノブシコブシ)



(※50音順)


カテゴリ