友達関係から恋人関係になるためのヒント

友達関係から恋人関係になるためのヒント

アラサーにもなれば、男女ともに結婚を考え出すもの。


身の回りで親しい男友達がいれば、相手との結婚や恋愛を考える瞬間も出てくるのでは?


でも、こっちがその気でも向こうがその気じゃない。


その場合はアプローチにも一苦労ですし、諦めた方がいいのかなと悩む場合もあるでしょう。


今回は、そんな状態に悩む女性に向けて、友達関係から恋人関係になるヒントを考えてみました。



■友達関係の維持を忘れない


男友達との関係を意識すると、つい恋愛のほうに関係を持って行ってしまう女性は多いと思います。


でも、相手にその気がない場合、変にアプローチしてしまうと、返って迷惑になってしまったり、


場合によっては面倒に感じられてしまい、逆効果になってしまいがちです。


相手との関係を意識しても、まずは友達としての関係をキープしましょう。


大体大人になれば、相手が自分のことを意識しているかどうか、それとなく察知する人がほとんどです。


ですので、彼の様子を伺いながら、これまで通りの関係を保つ視点を忘れないこと。


そのほうが、これまでの友達関係を壊すことなく、恋愛のチャンスを自然に伺えるのではないでしょうか。


■女性としての魅力を磨く


ただ、これではいつまでも友達関係のままになってしまいますよね。


男友達に自分を意識させるには、自分からグイグイと迫るよりも、自然に異性を意識させた方が得策かもしれません。


それこそ、見た目のキレイさ、かわいらしさをアップさせるとか。あとは気遣いとか、優しさですね。


男友達が「あれ? なんか今日の◯◯、かわいいな」と感じたり、「◯◯、珍しく優しいな。意外といい女なのかも」と思わせられるように、女性の魅力に配慮する感じです。


やはり、男性が恋の意識をするのは、女性の見た目が要になります。


彼から「この後、ご飯でもどう?」「良かったら、飲みにいかない?」と、楽しみに誘われるような女性になれると、恋の進展は起こりやすくなると思います。


■できない自分を上手に見せる


女性が男友達に恋の意識をさせるには、隙を見せることです。隙とは、自分の弱さのことですね。


自分ひとりで何でもやれる女性は自立心が高くて素敵なのですが、好きな人の前では上手に彼を頼ったり、甘えることも大切です。


男性は頼られると、自分がその人のために役立てると感じられ、自然と相手に興味が向きます。


男らしいタイプの彼なら、「彼女のために何とかしてあげなきゃ!」と感じられ、たちまち興味の矛先があなたに向くこともしばしばです。


何でもなんでも彼を頼りにするのはちょっと行き過ぎですが、上手に彼を頼ったり、相談をしたりするのは、彼にあなたが異性である意識を持たせるきっかけになると思います。


■おわりに


「彼と恋人になれたら……」と思う一方で、友達としての関係を壊したくないのも事実だと思います。


ふたりの関係を良好にしつつも、恋のチャンスを伺えるよう、ぜひこんなポイントをヒントにしてみてください。(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ