大好きな彼をさりげなく束縛する方法5つ

大好きな彼をさりげなく束縛する方法5つ

交際しているならある程度の束縛は仕方ない


別れたカップルに理由を尋ねたとき、「束縛が厳しかったから」というのはよくあるケース。


でも、まるで束縛がなく、自由に誰とでも遊んでいたら、

それは付き合っているのかどうか分からないような関係です。


交際しているのであれば、ある程度の束縛は仕方のないこと。

あまり窮屈な思いをさせないようなものが望ましいです。


今回はいつの間にか主導権を握り男を手の平で転がしている、私、大木アンヌが

“大好きな彼をさりげなく束縛する方法”をご紹介します。



束縛する方法1:周りを味方につける


彼の友達に会ったときは、とにかくいい彼女を演じ、評価を上げておきましょう。


「あんないい子を悲しませたらただじゃおかねえぞ」と言われるぐらいの存在になっておくこと。

普段からつるんでいる友達を味方につければ、彼ももう悪さはできません。


 


束縛する方法2:携帯電話の機種をそろえる


「同じにしちゃった」と機種をそろえることで可愛さをアピール。


しかし、目的はそこではありません。


間違えたふりをして彼のを持って行ってしまいましょう。中身は見なくても。


どんな人から連絡があるのかはだいたい分かるはず。交友関係が把握できます。


 


束縛する方法3:ご飯を作りすぎる


「ご飯を作りすぎちゃったんだけど、食べに来ない?」と一言。


ごく自然に彼を呼び出すことができます。日持ちのするものであれば、次の日でもOK。


好みを把握しておけば、あえてそのメニューを作りすぎることもできます。


知らず知らずのうちに彼は胃袋を掴まれ、離れられなくなります。胃袋を束縛するのはとても大事です。


 


束縛する方法4:録画を頼む


テレビ番組の録画を頼みましょう。そうすることで自分の趣味をアピールし、

彼の反応から好みも把握できます。


笑いや感動のツボが合うことは、付き合っていく上でとても重要です。


彼好みの番組を録画すれば、一緒に見る機会も作れるし、会話も弾むでしょう。


 


束縛する方法5:とにかくお礼をする


「このあいだはありがとう」と言って、何か理由をつけてご褒美を与えてください。


別にモノでなくても構いません。


マッサージでも、食事でも、いつもよりも何かサービスしてあげましょう。


お礼を言われて嫌な気のする人などいません。


彼はいつしか、あなたのご褒美が欲しくてたまらなくなっているはずです。


このように心理的な束縛はとても効果があります。


 


以上です。参考になりましたか?


束縛が厳しいと思われてしまうのは、要は相手をコントロールするのが下手だということです。


無理に愛を求めたり、理不尽に強制をしいれば、必ず関係にひずみが生じます。


相手の気分を害さないよう下手に出つつ、言葉巧みに誘導して、

気づかれないような束縛をしましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)


 


 


カテゴリ