彼と別れたほうがいいとき4選

彼と別れたほうがいいとき4選

今回は、彼と別れたほうがいいタイミングについて、見ていきます。


さっそくご紹介しましょう!



1:彼のことは好きだけど、彼に触られたくないと感じたとき


彼のことは好き。でも、彼にわたしのカラダを触ってほしくない……。


先日、こういう、少々ややこしいことを言う女子にお会いしました。


彼の性格や年収、勤務先などの「諸条件」は申し分なく、ゆくゆくは彼と結婚すれば、まことにいい家庭になりそう……


でも彼のことが生理的に受け入れられなくなったので、カラダに触ってほしくない……具体的にはこういうことのようでした。


「生理的に無理」なら別れるしかありません。


いかに彼の諸条件が良かったとしても、生理的に無理なものは無理でしょ?


たとえば、彼は爬虫類ではないはずですが、爬虫類の唐揚げを食べなさいと言われても、生理的に無理なものは食べられないですよね?


これと同じことでしょう。


なにかと「彼氏の条件」を、先行して吟味する女子が多い世の中ですが、


条件うんぬん以前に、生理的なことをもっと重視したほうがいいというか、生理的な勘を養ったほうがいいように思います。


恋愛って、そもそも勘だけでも、どうにかなるものですが、勘がないと、どんな恋もうまくいかないように思います。


2:見ている将来が違うことがわかったとき


たとえば彼は彼女と今すぐにでも結婚したいと思っている。


対して彼女はあと3~4年は遊びたい……こんなふうに、カップルで未来に対する乖離があれば、別れるしかないですよね。


恋愛って、「彼は男としてどうなのか」とか「彼女は女としてどうなのか」という判断が問われますが、


それ以前に、ひとりの人として自分の人生をどうデザインしたいのか? という問題がもれなくついてきますよね。


「男として」とか「女として」以前に、「人としてどないやねん」というのを、もう少し考えたほうが、豊かな恋愛になると思います。


3:ラブラブ絶頂期


いずれ彼と別れることになるかも……という不安とセットで交際している女子もいると思います。


みんながみんな、結婚をゴールにして恋愛しているわけではないですもんね。


そして、結婚をゴールにしないと、別れ時が決めづらいのが実情ではないかと思います。


そういう人は、ラブラブ絶頂期に別れたほうがいいかもしれません。


ラブラブじゃなくなったときに別れ話を切り出すと、後味の悪い思い出が残りがちです。


でもラブラブ絶頂期に彼女がハシゴを外すと、彼の心の中には、彼女に対するいい思いだけが残ることもあります。


もっとも、ラブラブなときに急にハシゴを外されたら、誰だってショックを受けるし、場合によっては彼がストーカーになることも考えられます。


が、男って「好き好き」と言われつつ別れることを望む場合もあるのです。


別れ際に「ホントに嫌いなった」と、彼にウソを言われたい女子がいるのと同じことです。


4:エッチの相性が悪いとき


こちらは言うまでもないことかもしれません。


エッチの相性って、精神的なこともありますが、精神的に愛しあっていたとしてもカラダの相性が良くないと、


それがどうにか改善されることって、あまりないのではないかと思います。


彼とエッチの相性が悪い……こんな経験をしたことのある女子はわかると思います。


どうやっても無理なものは無理……となれば、別れるしかない……こういう残酷な一面を持っているのが恋愛ではな


いでしょうか。


おわりに


いかがでしょうか。


恋愛に限らず、物事なんでも引き際って、すごくむずかしいですよね。


会社を辞めるタイミングはいつがベターなのか? とか、ひとり暮らしを始めるタイミングは(つまり実家を出ていくタイミングは)いつがベターなのか? とか……。


引き際のタイミングを逃さない人って、わりと人格者ではないかと思います。


が、そういう人って、自分の気持ちが小さく傷つき、彼の気持ちを傷つけ……という感じで、いくつもの痛みを乗り越えてきたから、タイミングを逃さないのかもしれません。


別ればかりは、身をもって経験しないと、別れ際の身のこなしがうまくならないのでしょう。(ひとみしょう/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ