逆にマイナス!男に言っても全くプラスにならないこと

逆にマイナス!男に言っても全くプラスにならないこと

こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。


男に言っても全くプラスにならないことを、良かれと思って、ずっと言ってる女子がいます。どちらかというとマイナス。


そんなことを言って損している女子に気づいてほしいので、今回このコラムで紹介したいと思います。



1、全て話す必要はない


モテることをアピールしたいからって、自分の過去の恋愛経験は男性に全て話す必要はないです。遊んでいた場合は特に!


そんな話を自慢気にしたら、「下品な女」だという印象しか残りません。


昔は遊んでたけど今は真面目になったと堂々と話す女子もたまいますが、「真面目になったから男性からの好感度が上がる!」なんて絶対ありませんから。


正直、全くプラスになってません。どこかで人はそんなに簡単には変われない生き物だと思っているからだと思います。


2、女友達には良い話でも男にはNG


「週に1回はエステに通っている」「化粧水は1万円のモノを愛用している」「食材は添加物が含まれていないものしか使わない」のように、美容や健康に気をつかっている美意識の高い話を、何気ない会話の間に挟んでくる女性。


確かにすごいと思いますが、それは同時に「私は金のかかる女」と言っているようなもの。これを勘違いして自慢してる女性には、マジョリティ男子も正直ひいてます。


決して美意識が高い、健康に気をつかうことは悪いことではないので、続けて欲しいのですが、女友達ならまだしも男の前ではあまり言わないほうがいいですよね。


3、お金


貯金についても、男には言わなくていいですよ。


貯金がなければないで計画性のない女子だというイメージをもたれるし、あればあるで頼ってくるダメ男が寄ってきますから。


仮に結婚したとしても、彼の貯金は把握しても自分の貯金は全部見せないこと。


どうしてもはじめは浮かれてしまって全部見せてしまう人もいますが、将来、二人の関係に何が起こるかわかりませんから、ここは黙っておくことが賢い女です。


4、追っかけやってます


アイドル好き、韓流好きなど。これも男の前で言わなくていいことです。


男もどこか嫉妬する部分をもってます。もちろん相手は芸能人、スターなので、どうあがいても勝ち目が無いことは十分承知はしているんですが、男で生まれた以上、少なからずの敵対心はどんな男にでもあるもの。


たちの悪い被害妄想の激しい彼なら、アイドル好き韓流好きの女性は、自分のことを不細工と思っているだろうと勝手に思ったりします。変に不機嫌になったり、余計なケンカが増えたるするので注意しましょう。


おわりに


こういったことをついつい言ってしまう女子に多いのは、サービス精神旺盛なタイプ。どうしてもリップサービスが過ぎてしまうんですね。


こういうタイプは、人と会話するなかで誰もしゃべらない「間」が大嫌いなので、その間を埋めたくなる衝動にかられてしまうんです。


今回紹介したのは定番中の定番でしたが、これ以外にもまだあるので、それは別の機会に紹介しますね。まずは、思い当たる節のある人は注意してくださいね。(TETUYA/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ