ものまね四天王が26年ぶりにテレビ共演!「コロッケは泥棒稼業」不仲の真相

ものまね四天王が26年ぶりにテレビ共演!「コロッケは泥棒稼業」不仲の真相

6月20日放送『梅沢富美男のズバッと聞きます!』





梅沢富美男さんが、楽屋で聞いた面白そうな噂話を、「直接ご本人に聞いてしまおう!」という、MCの特権をいかしたトークバラエティ『梅沢富美男のズバッと聞きます!』。6月20日の放送は、ゲストに清水アキラさん、ビジーフォー(グッチ裕三さん&モト冬樹さん)のおふたり、栗田貫一さん、コロッケさん、小峠英二さん、藤田ニコルさんをお迎えしてお送りしました。


■コロッケ「一緒にみんなでいたという記憶が、僕はない」





80年代から90年代にかけて空前のものまねブームを巻き起こし、「ものまね王座決定戦」は視聴率30%超えを連発、“ものまね四天王”として国民的人気を誇っていた清水アキラさん、ビジーフォー(グッチ裕三さん&モト冬樹さん)のおふたり、栗田貫一さん、コロッケさん。全国でコンサートツアーを開催するなど人気絶頂の中、1992年にコロッケさんが突然、番組を降板。以来26年間、四天王のテレビ共演は実現することがなく、次第に不仲説が…。今回は、番組が四天王の奇跡の共演を実現させ、梅沢さんが真相に斬り込みました。



コロッケさんは「表立って『このヤロー』とかそういう言い方は、さすがにしない。ただ、一緒にみんなでいたっていう記憶が、僕はないんですね」と当時を振り返りました。そんなコロッケさんに対し、栗田さんは「嫌なところがある」と語り出し「コロッケの千昌夫さんのものまねを見て『この男は天才』だと思って、俺は千昌夫さんのものまねはしないと決めた。だけどコロッケは泥棒稼業。俺が細川たかしさんや瀬川瑛子さん(のものまねを)やったら、やらないでくれって思うのに、この男は平気でやる」と告発。するとグッチさんが「ちょっと待て、クリカン。俺はコロッケから同じこと聞いたぞ。『クリカンはデリカシーがない』って」。さらに「クリカンは番組のプロデューサーに嫌われていた」と、衝撃の事実も暴露。清水さんは「番組で対戦相手が決まったら、もうお互い話はしないですよね」と「ものまね王座決定戦」の舞台裏を語り、四天王は、緊張感を保ったライバル関係にあったことを明かしました。



梅沢さんは、コロッケさんに「番組を降板した理由は?」と直撃。これに対しコロッケさんは「何やってもウケる。これが一番怖かった。あとは沈むしかないので。自分がぬるま湯に浸かっているような感覚があった」「『ものまね王座~』は、ネタ時間が1分。やりたいことがたくさんあって、どうしても2、3分かかる。長いものだと5分。そこで自分だけ『分数ください』っていうのもダメだし…」と、新しいことに挑戦したかったためだと説明、番組スタッフと衝突したことも明かし、梅沢さんも「なるほどねぇ」と聞き入いりました。また、このときグッチさんが「『考え直せよ』って電話したんだけど『船はもう出てしまった』と言われて」と、説得を断念した経緯があったことも明らかに。「みんなに相談しなかったのか?」と聞かれたコロッケさんは「あんまり仲良くなかったから…」と笑いを誘いますが、「相談したら、僕の気が変わる」と語り、清水さんも「(相談されたら、みんな)引きとめるからね」「コロッケが番組の中心だった」と、お互いが認め合う存在であったことがわかりました。



この後、一夜限りのものまね四天王豪華パフォーマンスが実現! ビジーフォーのサイモン&ガーファンクル、栗田さんのもしもシリーズ、清水さんのセロハンテープ芸、コロッケさんのかつら芸など、26年の時を越え、ものまね四天王が同じステージに。最後に梅沢さんから「どうでした? 26年ぶりに集まって」と尋ねられ、「間近で見るのは『ものまね王座~』以来。うれしかった」「みんなバカでおもしろいですね」「実はね、仲いいです」と、次々と語り、みな感慨深げな表情をしていました。





次回7月11日(水)の放送は、100分スペシャル! 横山だいすけさんのハワイ旅に密着などをお届けする予定です。どうぞお楽しみに!














■番組情報


『梅沢富美男のズバッと聞きます!』


<放送>



6月20日(水)22:00~22:54


【MC】



梅沢富美男


【進行】



阿部哲子


【ゲスト】



清水アキラ

ビジーフォー(グッチ裕三・モト冬樹)

栗田貫一

コロッケ

小峠英二(バイきんぐ)

藤田ニコル



(※50音順)


カテゴリ