瀬戸内寂聴×偉人たち!御利益がある、伊勢神宮の完全参拝ルートを徹底解説!

瀬戸内寂聴×偉人たち!御利益がある、伊勢神宮の完全参拝ルートを徹底解説!

6月27日(水)放送


天皇陛下は日本国民のためにどんな仕事をしているのでしょうか?





東京で開催されるオリンピック・パラリンピックを2年後に控え、いまニッポンは世界中から注目されています。だからこそ、我々はニッポンのことを改めて知っておく必要があるのではないでしょうか。国宝、世界遺産、歌舞伎、礼儀作法から食文化、さらには間違えやすい日本語まで、“ニッポンの○○”をテーマに、林修先生が、唯一無二の“ニッポンドリル”を「作成」し、講義を開きます。今回の4時間SPのテーマは、「天皇陛下の365日」「昭和史」「伊勢神宮」の3本立て。

まずは、「天皇陛下のお仕事」。来年、2019年4月30日に天皇陛下が退位されることを受け、平成31年で年号・平成の終了が決定。天皇陛下にとっての節目を迎えます。日本一忙しいと言っても過言ではない「84歳」の天皇陛下はとにかく多忙。我々ニッポン国民のために、いったいどんな仕事をされているのでしょうか?知られざる天皇陛下の365日に林修先生が迫ります。


瀬戸内寂聴が語る、昭和ニッポンを動かした偉人たち!





続いては、「昭和史」。大正11年生まれ、御年96歳の瀬戸内寂聴さんが出会い、彼女が「昭和ニッポン」を動かしたと考える、田中角栄さん、美空ひばりさん、三島由紀夫さんら昭和の偉人たちの知られざる素顔を、当時の貴重映像を交えながら紹介していきます。日本の数多くの政治家に出会ってきたと語る寂聴さんが元内閣総理大臣・田中角栄さんを「この人はすごい!」と思ったワケとは!?また、そんな寂聴さん本人にも選挙オファーが!だがすべてお断り。その驚きの理由とは!?世界の天才・三島由紀夫さんに、「自分の秘書になった方がつまらない小説を書いているより、女として幸せになる」と言い放たれたという寂聴さん、その真意とは!?お客さん全員と目を合わせ、ファンの方にもらったものを絶対に捨てずに自宅に飾るなど、ファンの気持ちを第一に考える昭和の歌姫・美空ひばりさん。「人間としていい生涯だったのでは」と、寂聴さんが振り返る美空ひばりさんの生き方とは!?また、1972年に起こったあさま山荘事件に関与したある人物と「文通」をしていたと激白。寂聴さんに「人間ってわからない…」と、頭を悩ませた女性とは!?そしてそんな寂聴さんに「あ、これが天才か!と思いました」と、言わしめた人物とは…!?


伊勢神宮の参拝客の多くの人が間違っている!?御利益がある完全参拝ルート徹底解説!





最後のテーマは、「伊勢神宮」。8万ある神社の最高峰で、年間参拝者が800万人以上を誇る神社のトップオブトップ・伊勢神宮の参拝客の多くが実は間違っている!?御利益がある完全参拝ルートを紹介します。“伊勢神宮マニア”の風間俊介さんや尾上松也さんが「知らなかった。教えてくれないとわからないですよね」と口にした、“参拝前に○○に立ち寄る”“○○をかなえる神様がいる”“参拝後に○○に行く”など、より御利益が得られる参拝方法とは!?



■番組情報


『林修のニッポンドリル』


<放送>



6月27日(水)19時~22時48分


<出演>



MC(担任):林修

副担任:ノブ(千鳥)

学級委員長:風間俊介

パネラー:瀬戸内寂聴、尾上松也、加藤一二三、川島明(麒麟)、菊地亜美、小峠英二(バイきんぐ)、中田喜子、本仮屋ユイカ、松本明子、山本舞香 他


カテゴリ