男友達と付き合いたいけどダメになったら怖い…。どうすればいいの?

男友達と付き合いたいけどダメになったら怖い…。どうすればいいの?

amiさん(29歳・女性)からのご相談


もともと友達だった男性を好きになってしまいました。その人とは何でも話してきたし、恋愛相談もよくしていたので、私の過去の彼氏も全員知っています。私もその友達の元カノを知っていて、どういう恋をしてきたかを知っています。だから、昔の恋愛がどうしても気になってしまうし、元カノの一人は私の友達でもあるので、付き合っていいのか迷います。


そして、普段の自分はどっちかというと「サバサバ系」ですが、彼氏に対しては甘える感じになるので、ずっと友達だった人に甘えられるのかわからないというのもあります。甘えたら、なんだかしらけそうでコワいです。


あと、もう29歳なので、次に付き合う人とは結婚したいと考えています。だけど、迷うところが多くて、どうしたらいいかわからなくなります。その人がダンナさんっていうことが全然想像できないわけじゃないけど、私の中に「ほんとにいいのかな?」と思う気持ちがあるので、踏み切れません。


告白とかは、まだしていません。デートみたいなものはしているけど、昔からふたりで遊びに行ったり、飲みに行ったりはするので、デートといってもキスとかはしないです。「今、好きな人いるの?」と聞いたら「いない」と言ってました。


思い切って告白したらいいでしょうか? それとも、いろいろ知りすぎている人とは付き合わない方がいいでしょうか?


29歳なので、付き合ったけどダメで別れる、ということはしたくありません。



ちょっと頭でっかちになっていますよ


ご相談お受けいたしました。amiさんのお悩みが解決できるよう、お手伝いさせていただければと思います。


ご相談内容を拝見しましたが、今はまだ、ご自身の頭の中だけで恋が進んでいる状況だと感じました。もともと親しいお友達ということで、思いがけない相手に恋心を抱いて困惑するかもしれませんが、迷うだけでは恋愛は始まらないのです。


つまり、悩みに悩みぬいて、「やっぱり告白しよう!」と決意しても、お友達からお断りされる可能性だってあるということ。今のamiさんには、たぶんそこまで想像ができないんじゃないでしょうか。


また、もし告白するなら、彼がどういうリアクションを返すかまでを、ある程度見極める必要があると思います。


29歳ということで、結婚も望んでらっしゃっていますし、「転ばぬ先の杖」でご自身を守りたいお気持ちはよくわかります。ですが、恋愛も結婚も一人で決めて実現するものではないので……やっぱり、何かしらアプローチして、お友達が自分をどう思っているかをリサーチすることが大事です。頭の中だけでグルグル迷っていても、答えはなかなか出ません。


とはいっても、いきなり告白しなくてもいいですし、何となくでも彼の気持ちが見えてくれば、自分がどうするべきかの選択肢も厳選されるでしょう。あれもこれも迷ってしまって、どうにも身動きできない、という状態からは抜け出せるはずです。


もともと友達同士であることをプラスに捉えましょう!


そして、昔の恋を知っているのはお互い様ですし、アラサーにもなれば誰にだって過去はあります。元カノ・元カレは何人かいるものです。気にし出せばキリがなく、お互いに恋愛遍歴を知っているからこそ、「こういうことをすれば怒る」とか「こういうサプライズが好き」などという注意事項も把握できているんじゃないでしょうか?


もともと友人同士で何でも話してきたことを、悪く捉えるのではなく、良く捉えてプラスに変えましょう。


amiさんの友人がかつてお付き合いしていたということについては、どれくらい前の話か、元カノとamiさんがどれだけ親しいかによって、対応の仕方は変わってくると思います。個人的には「気にしなくていいんじゃないかな」と感じますが……元カノと彼がきちんとした別れ方をしているのであれば、あまり支障はないはずです。


また、長くお友達付き合いをしていただけに、彼に甘えられないんじゃないかと心配してらっしゃいますが、お互いにその気になれば、お二人を包むムードは自然と変わっていきます。最初はなんだか気恥ずかしく感じるとしても、すぐに慣れてくるでしょう。


それに、もし交際するとしたら、今までの友人付き合いがベースとなるため、「今まで甘えてきたから、彼に対しても甘える」とは限りません。amiさんがまだ気づいていない、新たな自分を発見するかもしれません。「私にこんな一面があったんだ!」と驚くことがあっても、それはそれとして素直に認めてみましょう。


《結論》彼の気持ちを置いてけぼりにしないようにしましょう!


今は、彼の気持ちが完全に置いてけぼり状態になっているので、まずは彼がamiさんをどう思っているかを知ることが大事です。告白するかどうか、諦めるかどうかを決めるのは、それからにしましょう。


杞憂にとらわれれば、不安だけがどんどん大きくなり、身動きが取れなくなります。自分のことだけでなく、もっと広い視野を持って彼を考慮してあげると、自然と見えてくる答えもあるはずです。


amiさんが不安を手放して、前へ進んで行けますよう、心からお祈り申し上げます。(沙木貴咲/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ