「不公平だ!」元税金徴収“Gメン”激白…自治体にはびこる“忖度”

「不公平だ!」元税金徴収“Gメン”激白…自治体にはびこる“忖度”

29日(金)19時~放送


■最初は“左遷ポスト”だと思った…税金徴収の苦悩





 お金にまつわる悪い奴ら・ズルい奴らを徹底的に追い詰める人気特番が第4弾として帰ってきました。今回は、税金滞納者のあきれた言い訳・逆ギレにスタジオがあぜんとするだけではなく、彼らを追い詰めてきた“伝説のGメン”堀 博晴さんがスタジオに初登場します!20年間で関わった税金の徴収総額は2000億円以上!その並々ならぬ苦労や恐怖エピソードとともに税金徴収の裏側を激白します。滞納者が区長や、暴力団の組長だったことも…彼らからどうやって多額の税金を取り返したのか、その実話に坂上忍らスタジオも驚きを隠せません!

収録後、堀さんを直撃すると…

Q.なぜ“伝説のGメン”と呼ばれているのですか?

堀さん「伝説でも何でもないんですよ、笑。やりたいことをやっただけです、ポリシーを曲げずに。昔は税の徴収は“左遷ポスト”だったんですよ。なんで俺が金集めやらされているのか?って不満でしたが、法律を読んでみたら、ちゃんと差し押さえられるじゃないか、と。それをやり始めたら徴税率が上がってきたんですよね。バブルの頃は滞納があっても、入ってくるものが多かったんです、行政も使う金がじゃぶじゃぶあったわけです。今は違いますからね」


■敵は滞納者だけじゃない!組織の忖度(そんたく)で…Gメンの怒り





 スタジオで堀さんは、実は本当の敵が滞納者以外にいることも激白しました。税金を納めさせるために“差し押さえ”に行っても、忖度(そんたく)が働き、何とそれを「解除せよ」と命じられることがあるというのです。一体何が起きているのでしょうか?

堀さん「スタジオでも話しましたが、強調したかったのは、徴税吏員は皆頑張っているんだけど、その頑張っている職員の仕事を邪魔する上司がいるというケースがけっこうあるんですよね。せっかく職員が滞納者から財産を差し押さえたとしても、その滞納者が“何とかしてくれ”って言うと“差し押さえを解除してあげなさい”という上司がいるんです。

市長、町長や職員の直属の上司たちもそうです。知り合いだから、ちょっと待て、とか

忖度(そんたく)して…不公平甚だしいですよね。税の公平性を守るのが、公務員としての仕事なので、そこは強く訴えたいですね。今でもそういうことがあるんですよ」


■坂上忍も脱帽!「いい人では勤まらないお仕事」





 収録を終えたMCの坂上忍さんは、堀さんの印象をこう語りました。

「初めてお会いして普通にいい人だな、と思いましたが、仕事ではがらっと変わるんでしょうね。いい人では絶対に勤まらない、厳しいお仕事だと思いますので。(滞納者に)あんな殴られ方されたら、やり返すこともできないわけで、精神的にも鍛えられるな、と。

一方で、情に流されてではなく、結果的に人助けになっているケースもあるわけで、お話がリアルでしたよね。生の声って強いと思います」





■番組情報


<タイトル>



金曜プレミアム『実録!金の事件簿』


<放送日時>



6月29日(金)19時~21時55分放送 ※地域により放送時間・内容が変更となります


<出演者>



<MC>

坂上 忍

伊藤利尋(フジテレビアナウンサー)

海老原優香(フジテレビアナウンサー)



<ゲスト>※50音順

あき竹城

岡本夏美

篠原信一

浜谷健司(ハマカーン)

森脇健児



<専門家ゲスト>

本村健太郎(弁護士)

佐藤弘幸(税理士)

堀 博晴(元税金徴収“Gメン”)


カテゴリ