『 アイカツフレンズ! 』 第13話「How to カレンさん」勝つことより大事なこと【感想コラム】

『 アイカツフレンズ! 』のデータカードダス、あんまやれてない(`;ω;´)


カフェドレスはゲットしたけど、フレンズドレスがまだ……。

そんな筆者ですが、アニメはきちんとレビューしていきます。



本日のアイカツフレンズ!第13話は夕方6時25分放送♪
今日は「ラブミーティア」の神城カレンさんの秘密に迫ります♪
内容はもちろん!ステージにも大大注目です☆
(ライツN)#アイカツフレンズ #aikatsufriends pic.twitter.com/IpYdLjZta0


— アイカツフレンズ!&アイカツ!&アイカツスターズ!アニメ公式 (@aikatsu_anime) June 28, 2018





このページの目次

1 達人バトル決定戦2 カレンは小さい頃からすごかった3 カレンさんは極めたい4 そして始まる達人バトル5 敵は自分の中にいる6 負けたけど楽しかった7 愛で溢れている
■達人バトル決定戦

「達人バトル決定戦」。

それは、毎週異なるテーマで競い、達人アイドルを決めるという番組。

これに参加することとなったあいね&みお。


しかし、番組でずっと達人に君臨し続けているのは、「ラブミーティア」のカレンです。

つまり、「達人バトル決定戦」で勝つにはカレンを越えなければならず……。


■カレンは小さい頃からすごかった

テーマは毎回変わるのに、何故カレンはトップで居続けられるのか。

あいねの疑問に、みおは答えます。


みおの部屋には、「ラブミーティア」の生まれてからこれまでが書かれた本がび~~っしり。

こんな本を何冊も出されるなんて、凄いことになっていますよね。「ラブミーティア」の二人、きっと凄い数のインタビューを受けてきたんでしょう。

もはや『アイカツフレンズ!』界における聖書です。


で、そんなみおが言うには、“カレンは小さい頃から様々な習い事を受けてきた”そうです。

それも、ちゃんと友だちと遊ぶという交流も大事にしながら。

遊びも勉強も、数々の習い事も全部本気。すべてこなすカレンさん、エルザ様並のパーフェクト感。


そんな強敵が相手でも、やる前から諦めたくないあいねさん。さすがは主人公。


■カレンさんは極めたい

一方、カレン。

弓道も茶道も柔道もこなすけれど、道場を任されてもお断りし


「私は極めたい。ただそれだけなのです」


と、称号にはこだわりません。


番組本番。

あいね&みおは「ピュアパレット」、カレン&ミライは「ラブミーティア」として参戦。


みおは憧れのカレンが相手でも、やるからには真剣勝負。全力で挑みます。


■そして始まる達人バトル

初戦は茶道対決。

付け焼き刃の知識だけれど、完璧にこなすみお。

十分凄いことですが、カレンは味まで完璧で、みおの上を生きます。


その後も合気道、節約術など、みおVSカレン、あいねVSミライの戦いは続きますが、「ラブミーティア」には勝てず。


■敵は自分の中にいる


全敗を気にするみおに、カレンはいいます。


勝ち負けは重要ですか、と。


「敵は外にいるのではなく、自分の中にいるんです」


放送中のアニメ『ピアノの森』でも、そんな話がありましたよね。

カレンがアイカツをする理由は、みんなに愛を届けるため。アイカツのアイは愛情のアイなのだと、いいます。


みおだって、勝つためだけではなく、歌とダンスが好きだからアイカツをしているのです。

大切なことを思い出したみおは、カレンを倒すためではなく、自分の直感、ビビッと来るものを信じ、最後の勝負に挑みます。


■負けたけど楽しかった


結局、総合トップは「ラブミーティア」でした。


あいね「完敗だね」

みお「でも楽しかった」


けれど二人は満足で。

そして、カレンは最後の自分を貫いたみおのやり方を、好きだと言いました。


■愛で溢れている

そんな今回のステージは、カレンの「愛で溢れている」。

データカードダス版のMVはこんな感じです↓





今回の話を見た後だと、カレンの曲なんだなあって感じがして、いいですよね。

このステージを観た人々は、勇気をもらいます。

愛を伝える、カレンのアイカツ。素敵です。


それからあいね&みおは、もっと成長してベストフレンズになることを誓うのでした。


というわけでここまでが1クール目です。

次回のエピソードに行く前に、1クール目の内容をまとめますので、よかったら目を通してみてください。


アイカツフレンズ! 感想 のまとめ





(あにぶ編集部/星崎梓)
カテゴリ