『仮面ライダーゴースト』のデザイン・各フォームが判明、「ダサすぎ」批判も…?

※画像は別の「ゴーストライダー」です。



2015年10月に放送が開始される仮面ライダーの新シリーズ『仮面ライダーゴースト』の写真と思われる画像が、一般ネットユーザーのツイートなどから判明し、波紋を呼んでいます。















これらの情報によると、「仮面ライダーゴースト」は基本形態に加えて、歴史上の偉人の「ゴーストアイコン」を使って、偉人に関連する能力を持ったフォームにチェンジする様子。顔面にリンゴの意匠を持った「ニュートン」、二刀流のアイコンの「ムサシ」、電球顔の「エジソン」に加え、ロビン・フッドやベートーベン、ビリー・ザ・キッド、ベンケイ、ツタンカーメン、ノブナガといった名前も並んでいます。




今回判明したデザインについて、一般のネットユーザーからは

「デッドプールっぽさがある」

「次の仮面ライダーゴーストが変態仮面にしか見えない」

「なんかめっちゃ攻めたデザインだしいいんじゃない」


と、既視感に加えて、称賛の声があがる一方、

「仮面ライダーゴーストダサすぎてさすがに庇護できない...」

「仮面ライダーゴースト、平成ライダーの中でも抜群のカッコ悪さ」

など批判する声も。とはいえ、放送前にデザインへの批判が集まるのは毎年恒例のこと。1ヶ月もすれば皆さんなじむのではないでしょうか。



また、

「仮面ライダーゴーストって憑依ものなのか」

「仮面ライダーゴーストに既視感と思ったけどあれか、シャーマンキングてことかな?」

「何、仮面ライダーゴーストってエルカンターレなの。」

「本人はゴーストっていうかイタコでは」

「仮面ライダーゴーストの最強フォームって、それこそ遺影フォームになるんじゃなかろうか?w」

といった声も上がっています。
カテゴリ