『 アイカツフレンズ! 』1クール目まとめ~あいみおがフレンズを結成するまで~【感想コラム】

『アイカツ!』『アイカツスターズ!』に続くシリーズ最新作『 アイカツフレンズ! 』。そのデータカードダス&アニメは、4月からはじまっています。


1クール目が終了したので、これまでの『アイカツフレンズ!』を簡単にまとめてみようと思います。


このページの目次

1 テーマは“フレンズ”2 友達100万人3 友達との距離感がわからないみおちゃん4 恋人みたいなフレンズ5 差し色のピンクという凄いワード6 素敵なサブタイトル7 1クール目の名曲たち
■テーマは“フレンズ”

『アイカツフレンズ!』において重要なのは、「フレンズ」です。

作中で言うフレンズとは、2人組のユニットです。


主人公たちの目標は、ダイヤモンドフレンズカップというイベントで優勝し、ダイヤモンドフレンズに選ばれること。

そして、ダイヤモンドフレンズだけが着ることの出来る、ダイヤモンドドレスを手にすること。


現在のダイヤモンドフレンズは、「ラブミーティア」のカレン&ミライ。

主人公であるあいねと、みおにとって憧れの存在でもある、大人気アイドルです。


■友達100万人

『アイカツ!』『プリパラ』『ラブライブ!』、あとアイドルじゃないけど『ご注文はうさぎですか?』とか。

行動派の女の子主人公って、コミュ力高くて、実家が飲食系で、接客スキルが高かったりするんですよね。

その方が話を動かしやすく、また好かれやすいイイ主人公になるのだと思います。


『アイカツフレンズ!』の主人公あいねちゃんは、友達100万人を目指す友達作りの天才です。


アイドル科のみおちゃんと出会い、すぐにアイドル科へ移動し、笑顔と努力と行動力で、みんなを楽しませる企画を行っていき……。


ファンもカードもデザイナーさんも、みんな友達。みんなで前に進んでいく凄い人です。


■友達との距離感がわからないみおちゃん

もうひとりの主人公的存在であるみおちゃんは、実力のあるアイドルではありますが、今まで友達がいなくて、それ故に親しくなったあいねとの距離感に悩むタイプでした。


本当はあいねとフレンズを組みたいけど、どう声をかければいいか、わからない。


1クール目は、あいねとみおがフレンズを組むまでの過程が描かれていました。


■恋人みたいなフレンズ

そんなみおがとった行動は、あいねへの(フレンズに誘う)告白。

告白はドラマチックに行おうと、少女漫画的なシチュエーションを用意し、デートスポットへ向かいます。


アイカツ史に残る伝説のエピソード(すみません、筆者が勝手に思っているだけです) 第11話「告白はドラマチック!」ですね。


「ゴンドラが一番高くなったところで告白すると、二人はずっと幸せになれるんだって」


という、サポートAIであるココちゃんの言葉に合わせて、夜の観覧車で告白をするみお。抱きついてOKするあいね。そこに至るまでの流れも、勘違いのすれ違いとか、別の女と2人きりになるあいねとか、なんかもう、少女漫画的で。


でも女の子同士だから、百合で。けど夕方の女児アニメで。


あくまで描いているのは友情であり、「フレンズ」ですけど、「フレンズ」というワードを使っているだけで、もはやカップル成立までの流れでした。


続く第12話「トマト、どーんとコイ☆」では、みおがあいねの部屋にお泊りして、家族公認の仲になりました。


「フレンズ」結成後の距離感を縮めるエピソードでしたが、付き合った後のカップルが距離感を縮めるまでの一部始終にも見えました。


■差し色のピンクという凄いワード

その他にも、第3話「ビビっとインスピレーション」にて、みおが自分のドレスに足りないなにかに悩み、あいねのカラーであるピンクを入れるという、「差し色のピンク」発言。

これもすごかったですね。


みおは友達との距離感がわからないから、不安になったり、一緒にいたかったり、いろいろあるんだと思います。

あくまで友情だとはわかっていても、「差し色のピンク」からの→「このドレスは私一人じゃ出来なかった。ありがとう、あいね」発言には、TVの前で叫びました。


ちなみに、11話には「遠距離フレンズ」というワードも登場しました。


■素敵なサブタイトル


第5話「蝶のように舞花!」

第6話「日向エマージェンシー!?」


という風に、キーとなる人物の名前が違和感なく入っているサブタイトル。

こちらにも痺れました。


■1クール目の名曲たち

女の子同士の関係や成長が美しく、素晴らしいアニメですが、曲もいいです。


たとえば「アイデンティティ」。





個性を大事にするミライらしい、個性的な曲です。CDが発売しているので、ぜひともフルで聴いてほしい曲です。


そして、「ありがと⇄大丈夫」。





曲名も凄いですけど、歌詞も振り付けも凄くて、なんかもう、泣けてきます。

ほんと、ありがとうですよ(`;ω;´)


※動画は公式チャンネルのデータカードダス版MVです。アニメ版のライブシーンとは別物です。


そんな『アイカツフレンズ!』では、あいね&みおは無事にフレンズ「ピュアパレット」を結成し、2人のアイカツを歩み始めています。


ダイヤモンズフレンズを目指す以上、いつかは「ラブミーティア」を越えなければいけれないけれど、勝つことよりも楽しむこと、自分らしく行くことを大事にしているみおたち。


彼女たちが今後どんなアイカツをしていくのか、2クール目以降も楽しみです。


アイカツフレンズ! 感想 のまとめ





(あにぶ編集部/星崎梓)
カテゴリ