高望みしすぎてない?見直しておきたい「彼氏の条件」

高望みしすぎてない?見直しておきたい「彼氏の条件」

皆さんは、彼氏にしたい男性に何を求めていますか?安定した仕事に就いている経済力?自分のストライクゾーンに入っている好みの外見?趣味が合ったり、思いやりがあったり、一緒にいて気楽になれる性格?何を望むかは人それぞれでしょう。


しかしこれらを全て条件にしているとなれば、それは高望みになるのではないでしょうか。お金を持っているイケメンで、しかも自分との価値観もピッタリ。そんな相性バッチリの完璧な人間、そうそう見つかりません。


結婚は忍耐とも言われている通り、その前の段階である交際期間でさえ我慢は付き物。彼氏選びの時点で、多少の妥協は必要になってきます。


理想は高くない方なのになかなか彼氏ができないと悩んでいる人は、無意識のうちに高望みをしているかもしれません。


周囲から「現実を見なよ」だなんて笑われてしまわないように、彼氏にしたい男性の条件を、いま一度分析してみませんか?



1、欲張らないで条件に優先順位をつける


そりゃパーフェクトな彼と付き合えるに越したことはありませんから、あれもこれもと条件をつけていてはキリがありません。ですからまずは、自分が彼氏に求める条件に優先順位をつけてみましょう。


例えば1位の条件に当てはまる男性が現れた時、3位の条件が微妙だったとしてもそれは妥協ラインにするべきなんです。


ここがちょっと気に食わないから、この人はやめよう。他にもっと条件に合う人がいるかもしれないし。なんて判断する癖がついてしまうと、結果的に誰とも付き合えない悲劇を招きます。


逆に言えば、これだけは譲れないという条件をひとつくらい用意しておいても良いのではないでしょうか。その条件さえ満たしてれば、他のことは我慢するくらいの心構えがないと、付き合っても幻滅させられてばかりになってしまいますよ。


2、どんな恋愛をしたいか冷静に考えてみる


自分が彼氏に何を望むべきか見極められず迷走してしまっている人は、どんな彼氏が欲しいかではなく、どんな恋愛をしたいかイメージしてみてください。


この段階で高望みをしてしまうと、必然的に彼氏にハイスペックが要求されてしまうので、理想の恋愛像はほどほどにしましょうね。


そうすると自ずと答えは見えてきませんか?こんな恋愛をするためには、こんな彼氏が必要だ。


それを判断材料にしつつ、まずはお友達として仲良くなれる人から探す心構えでいれば、案外簡単に彼氏ができるかもしれませんね。


3、やっぱり収入は大事?


大半の人が彼氏にする男性とは、将来的に結婚を考えていることでしょう。結婚するということは、この先の人生を共に歩んでいくことを意味します。ゆくゆくは子供を授かり、夫婦から家族になっていく未来も視野に入ってきますよね。


そうなってくると鍵を握るのは経済力。彼氏選びの段階でこれを重視していきたいものです。


ただ、そこそこの収入を得ている男性はそれに見合った努力や労働をしているものです。土日祝日に休暇がなかったり、夜勤で夜は家にいなかったり、出張や転勤があったり。そういう部分を受け入れ彼女としてサポートしてあげる包容力が、あなたにも必要になってくることでしょう。


おわりに


婚活女性が口にする「普通の男」というのは、実はとっても高望みだったりします。


あなたも相手も人間ですから、価値観に相違が出てきたり、欠点があったりするのは当たり前。少し気に入らないところがあっても受け入れられる許容の心を持つことは、交際にとって重要な要素になってきますよ。


無いものねだりをして悲劇のヒロインぶるのではなく、自分が彼氏に何を望んでいるのか、何を求めるべきなのかをしっかり分析し、高望みにならない程度の理想をハッキリさせておくことが、幸せなお付き合いを手に入れるための第一歩になるのではないでしょうか。(コンテンツハートKIE/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ