友達以上恋人未満のグレーな時期を上手く乗り切るコツとは?

友達以上恋人未満のグレーな時期を上手く乗り切るコツとは?

いい感じの彼はいるけど、はっきり彼氏彼女の関係になったわけではない。こんなグレーな状態ってありますよね。


私と付き合う気ないの?と不安になりますが、大本命の彼女になれるかはこの時期次第。「あと一歩!」で恋を逃がさないためのポイントを見てみましょう。



追わせる態度を意識する


「私と付き合う気あるの?ないの?どっち?」的な、微妙な状態は女性には不安が募るばかりですが、男性にとっては意外に楽しいもののよう。


男性には狩猟本能があるといわれますが「彼女は俺のものになるのかな?ならないのかな?」という時期は、まさに狩りを楽しむ状態。ハラハラドキドキするのが楽しいという男性も多いんです。


この時期に「私のことどう思ってるの?遊び?」と迫ったり、強引に体の関係を持ったりすると「この子は追いかける価値ないな」と狩りの対象自体から外されることに。


むしろ、手が届きそうで届かないかも?という距離を保ちつつ、キレイに着飾って彼の周りでニコニコしているだけのような、追わせる態度を意識したほうがグレー期間は早く終わりますよ。


外堀を埋めない


彼って私と付き合う気あるのかな……?こんなふうに思っても、外堀から埋める態度はNGです。


二人が付き合っているという噂を流したり、彼の友達に「遊ばれてるかもしれない」と相談するなど、周囲を巻き込んだ圧力は「この女ムリ」と思わせることはあっても「じゃあつきあうか!」と思わせるきっかけにはなりません。


基本的に、男性は女性よりコンサバ志向。外堀を埋めたいなら、人前で必要以上にべたべた甘えない、彼の友達の前で彼を立てることができる、などオフィシャルな場での大人な対応で「いい女じゃん」と人から言われるようにしたほうがよほど効果的です。


クロージングに食いつかない


どんなに彼からの告白を心待ちにしていても、彼が関係をつめようとしてきた瞬間にがっつくのはアウトです。


彼が「俺たち付き合ったらどうなるのかな」と言っただけで「そう思うならちゃんと付き合ってよ!」と食いついたり、付き合う前のお家デートで手料理&お泊まりのフルコースをやってしまったりするのがそれに当たります。


彼のテンションを上回る食いつきは「早く告白しろ!」オーラに満ちていて、恋心を萎えさせる原因にも。グレーな時期ほど前のめりは厳禁。


告白に限らず、大事なことほど男性がそう望んでいるのを自覚し「俺は本気で言ってるんだよ」など、本人がはっきり口に出すまで強制的に選択させてはいけません。余裕が大事です。


おわりに


どんなにうまくいきそうな恋も、グレーな期間の扱いを間違ったばっかりに台無しになってしまうことも。「ほぼ両思いでしょ?」という時期ほど、最後まで気を抜かないように気をつけたいものです。

(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ