彼女にするならやっぱりこんな子!男性の本音4つ

彼女にするならやっぱりこんな子!男性の本音4つ

彼女にするならこんな女性がいいな。 こんな彼女が理想という男性にとっての理想の彼女像を、男子の声をもとにご紹介します。


出会いの場に行く前にぜひ抑えておきましょう!



1、一番大事なのは清潔感


「やっぱり、清潔な子がいい。肌とか指先とかボロボロだと心配」(26歳・銀行)


「身なりがしっかりしている子は、話しかけれられたらちゃんと話そうと思う」(30歳・IT)


イマドキに限らず、清潔感のある女性はいつの時代も好まれる傾向にあります。


行き過ぎたメイクや、派手なネイルなどは一般の男性からするとちょっと引いてしまうということもあります。着飾りすぎずありのままでいることも清潔感につながるようですね。


髪の毛が長い人は食事の時は後ろでしばってから食べるのも、ちゃんとしている女性として見られます。清潔感には見た目のきれいさプラス振る舞い方も重要。


流行を取り入れた清潔感を求めるならば、ファッション誌などをそのまま真似するのではなく、自分らしさを残しつつ少しだけ取り入れることをおすすめします。


2、標準身長・標準体型


「身長が高すぎても困る。ぼくがそんなに高くないから」(33歳・証券)


「痩せすぎも、ぽっちゃりすぎでもちょっと……普通がいいかなやっぱり」(27歳・広告代理店)


男性の求める身長差はおよそ10cmで、自分より身長の低い女性を好む傾向があります。


しかし身長は自分ではどうにもならないということもあります。身長が高い女性だからこそ着こなせるファッションもありますし、身長差を感じさせない工夫もできるでしょう。


身長だけであきらめる必要はありません。


外見でいうなら、標準体型でセミロングが最も支持されています。


付き合いは外見よりも中身で勝負になることが多いでしょう。そのため外見はあくまでも参考までにしておいて、自分なりのチャームポイントを磨くようにしましょう!


3、料理が上手な人は手放せない


「あんまり重視しないけれど、料理が上手な人に越したことないよね」(28歳・印刷)


「手料理を上手な彼女だと……他がちょっと問題あっても離したくないなって思う」(30歳・専門商社)


理想の彼女になるなら、料理は外せないポイントです。付き合う前からでも腕を磨くことができますね。


日常的に食べられるものがスグに作れるとよいでしょう。たとえばみそ汁、カレー、煮物などです。またお菓子作りが得意なことも、理想の彼女像として見ている男性も多いです。


相手の男性の育ってきた環境なども考え、それに合わせた料理ができるとよいでしょう。


4、ほめてくれるのは素直に嬉しい


「自分を持ち上げてくれる子がやっぱりいい。一緒にいてうれしくなるから」(26歳・飲食)


認めてもらいたいと思うのは、男性の本能です。自分のことを褒めてくれる女性を彼女にしたいと思う人はとても多いでしょう。


特に仕事で上司に怒られっぱなしの人は、普段から自信を失いやすい傾向にあります。


そこで「がんばっているね」などほめてくれる女性には、心を開きやすくなります。


おわりに


理想の彼女として求められるのは外見と内面の両方です。自分らしさを見失わず、自分磨きをしてみてはいかがでしょうか。


一生懸命努力をしている彼女も可愛いと思う男性もいます。どうにもならないことを嘆くのではなく、できることから始めてみることをおすすめします。


(西園寺さくら/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ