"1989-2019"って何の数字?平成生まれ向けの「平成ゆとりTシャツ」が3日間限定で販売スタート!


着るだけでコミュニケーションのきっかけとなるTシャツ「喋るTシャツ」は、これまでに第1弾として「出身地Tシャツ」が、第2弾として「THANKS Tシャツ」が登場。



第3弾としてお目見えしたのは「平成ゆとりTシャツ」。



7月18日(水)〜7月20日(金)の3日間限定で、平成ゆとりTシャツ特設サイトにて販売されます。



平成最後の夏に“平成を着よう”



“喋るTシャツ”の第3弾「平成ゆとりTシャツ」は、平成生まれを表す"1989-2019"の胸ロゴのみのシンプルなデザインが特徴です。





「1989-2019」という一見不可解なデザインにすることで、『そのロゴなんていう意味?』『1989-2019って?』という会話が生まれるかも♩



平成最後の夏にTシャツからはじまる“新しいリアルなコミュニケーション”を!



“ゆとり”サイズで展開!カラーは全部で3色



また、「L〜XXL」とトレンドでもあるビッグサイズのみの展開は、“ゆとり”を表現しているのだとか。





気になるカラーは、白・黒・グレーの3色展開。



ちなみに今回モデルをつとめたのは、1999年生まれの大石楓夏さんと





isuta GIRLとして活躍中の1994年生まれ外川礼子さん、





そして1991年生まれの内原達也さんといずれも平成生まれの3人♩





特設サイトにアクセスできるのは平成生まれだけ⁉



「平成ゆとりTシャツ」が販売されている特設サイトには1つアクセスの条件が。





URLに遷移すると平成の生まれ年を入れるページが表示され、平成生まれしか入ることのできない仕様となっています!



また、"エモい"を表現したというサイトでは、平成最後の夏の終わりを表すカウントダウンタイマーや、生まれ年に対応したメッセージなどにもご注目。





3日間限定販売の「平成ゆとりTシャツ」をぜひチェックしてみてくださいね♩



平成ゆとりTシャツ特設サイト

http://talking-tshirts.com/heiseiyutori/



カテゴリ