辛い失恋…ココロの傷を治す方法6つ

辛い失恋…ココロの傷を治す方法6つ

失恋って本当に辛いですよね。


カラダの怪我なら目で見えるけど、失恋は目には見えない傷です。


それ程にも相手のことが大好きだった恋愛ってありませんか?


今回は失恋で悩んでいるあなたへ、いち早く治す6つの方法をお伝えしたいと思います。



1.実は嘆く時間が必要


失恋の辛さを人に嘆くなんて悪いと思いがちですが、誰かに頼ることは決して悪いことではありません。


自分に向き合って整理することは、失恋をココロから手放し、次のステップに早く進めることができる重要な工程です。


ただ、友達ばかりに嘆いていると迷惑がられたり、うんざりされてしまうことも……。


そんな時は、恋愛カウンセリングを受けてみるとか、ノートに嘆きを綴ってみる方法がオススメです。


振り返りができスッキリしますよ。


2.無理に忘れようとしない


忘れようとしても、簡単に忘れられるものではありませんよね。でも、忘れられない自分が悪い訳じゃないので、自分を責めないでください。


それはココロのありのままの自然なことだからです。


捨てられない思い出のモノはとって置けばよいし、レストランや街がフィードバックしてしまうのも自然なこと。


最初は辛いかもしれないけれど、無理に忘れようとしなくても覚えていたくても、いつかは薄れていくものなのです。


3.事実を受け入れるには時間が必要


失恋を直面した時は、受け入れられない自分がいるかもしれません。


でも、彼からの電話は二度と鳴らないし、メッセージは来ません。辛いことですが、事実を受け入れましょう。


そこには、寄せては返す海の波のように、元カレや思い出が、浮かんでは消え、浮かんでは消えるものです。


別れたという現実にゆっくりと向き合いながら、時間というものが解決してくれるのを待ちましょう。


4.お片づけや掃除、断捨離をしてみる


嘆いたり、受け入れたりすると、不思議に行動が起せるようになります。モノを捨てたり、片づけたり、掃除したりする良い機会です。


断捨離でキレイにすると、ココロがすっきりします。要らないものを捨てるという行為が、行動心理学的にも前向きになれると言われています。


連絡先を削除したり、思い出の物品も捨てられるなら、全部捨ててしまいましょう。


それは、もう元カレからは、私は卒業するんだというイメージを持って手放してくださいね。


5.他の異性とデートする


何人かにアンケートしたところ、一番多かったのが直ぐにとりあえず会える他の異性とデートするという回答でした。


そんなうまいタイミングで相手を見つけるのはなかなか難しいかもしれませんが、失恋や元カレを思い出す時間がなくなるのはもちろん、淋しさに打たれてダウンしそうな時にはありがたいものです。


ただ、好きでもない人と付き合うようなことにならないように!


6.何かに没頭し、忙しい毎日を送る


仕事や趣味、習い事、手芸や料理など、ものづくりでも何でも良いので、何かに没頭してみましょう。


イベントに出まくったりして、忙しくするのもとても効果的です。失恋に頭がいっぱいになって動けないことで、ミスをして上司に怒られたり、引きこもりになって余計落ち込んでしまうなど、負のスパイラルに陥って抜け出せなくなる人がいます。


それよりは、何かに没頭して達成感や対価などを得た方が幸せ感を感じることができますよ。


失恋で下がった自己肯定感を上げることで、プラスのココロを取り戻すことができますよ。


おわりに


失恋はすごく辛いことですが、様々な経験を与えてくれます。


マイナスなことばかりではないはずです。


失恋を経験して、また1つ人のココロの傷が分かるイイ女に成長したことでしょう。


昨日の思い出に振り向いていたら、明日巡り会うイイ男も見えないものです。


新たに夢を持ち次へのステージへスタートしてくださいね。


(森山まなみ/ライター)


(愛カツ編集部)


カテゴリ