男性に非モテ認定されちゃうファッション・4選

男性に非モテ認定されちゃうファッション・4選

女子同士ならオシャレのひとつして受け入れられる服も、男性目線から見ると「ないわ……」と思われてしまうこともあるみたい。


そこで今回は「男性に非モテ認定されちゃうファッション」についてご紹介します。



1、 ドクロマーク


・「ドクロの服着てる男ってチャラい奴多いし、女の子もクセがあるのかなって思っちゃう……。デートに着て来られたらビックリしちゃうかも」(29歳男性/接客)


カッコいいドクロマークも、デートではどうしても暗い印象を与えてしまいます。またドクロって基本モノトーンが多くなりますが、この時期の黒は見ているだけで暑そうなイメージにもつながります。


特に男性って真っ白のワンピースにヒールが低めのサンダルなど、王道なモテ服を好むもの。そう考えると真逆なドクロマークが男性ウケしないのは当然かも……。


2、 エスニック系


・「前にエスニック調の服にロングスカートの子が合コンに来たけれど、第一印象で『タイプ合わなそうだな~』と思ってしまった。話してみると悪い子じゃなかったんだけれど、最後まで恋愛対象としては見れませんでしたね」(30歳男性/営業)


こちらは好き嫌いが大きくわかれるファッション。好きな人にはツボにはまるのですが、どんなに似合っていても興味がない人には受け入れてもらいにくいもの。


合コンなどの出会いの場、初デートなど、あなたの第一印象が決まる場所では、主張の強いエスニック系ファッションはやめておいたほうが無難でしょう。


3、 ダメージジーンズ


・「割と激しめのダメージジーンズがお気に入りだったんだけど、彼氏から『お尻見えそうだよ?』『これ変だから着ないほうがいいよ』と言われてしまいました」(23歳女性/販売)


軽いダメージ程度なら問題ないですが、「もう捨てたほうがいいんじゃない?」ってくらい、引き裂かれているダメージジーンズは苦手なよう。


強い印象を与えてしまうだけじゃなく、穴から見える脚が「下品」と捉えられてしまうようです。デートの時にダメージ加工のジーンズを着たいのであれば、ほどほどなものを選びましょうね。


4、 スピリチュアル系アクセ


・「前に数珠みたいなでかいネックレスを付けている子を見て、何も聞かなかったけど『そういう趣味があるのかな?』って思った」(24歳男性/IT)


特に深い意味はなく、自分のお守り感覚としてパワーストーンなどのアクセサリーを付けている人もいるはず。


でも男性からするとそのアクセサリーが「スピリチュアル系に頼っているみたいで苦手」と感じてしまうみたい。デートのときは外しておくか、つけるとしてもひとつくらいに留めておいたほうがいいかも。


おわりに


やはり主張が強く個性的なファッションが、男性からすると受け入れにくいのかも。


特に出会いの場では自分の好みを全面に出すのではなく、TPOを考えたファッションをしていくのがモテであり、マナーかも。


付き合っていくうちに、徐々に取り入れていくと良さそうですね。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ