ガンバレルーヤよしこの体験談がドラマ化!

ガンバレルーヤよしこの体験談がドラマ化!

8月18日(土)21時から放送


■ガンバレルーヤよしこ、『ほん怖』初主演に「小雪さんを意識」




ガンバレルーヤ


8月18日(土)21時から放送される『ほんとにあった怖い話』で、ガンバレルーヤよしこさんの体験談が自身の主演でドラマ化されることが決定しました。

『ほんとにあった怖い話(通称:ほん怖)』は、1999年に放送スタートした、フジテレビの夏の風物詩となっているオムニバス形式の実録心霊ドラマ。今回も、日本中から届いた実際に起きた心霊現象や不思議な体験を忠実にドラマで再現、恐怖VTRを見た稲垣吾郎さんをナビゲーターとした“ほん怖クラブ”のメンバーたちが、スタジオで怖さを吹き飛ばすおまじないを唱えます。




左から)桐山漣、よしこ(ガンバレルーヤ)


お笑い芸人・ガンバレルーヤのよしこさんが、『ほん怖』でドラマ初主演を果たすことが決定しました。2018年上半期ブレイク芸人にランクインしているガンバレルーヤさんですが、ドラマは初出演、しかもよしこさん本人が体験した“遺品整理”の出来事が今回ドラマになったといいます。このことについて、よしこさんは「最初、スケジュールに『ほん怖』と入っていたのを見て、髪がロングなのでお化け役のオファーかと思いました(笑) 『ほん怖』は同居しているまーちゃん(相方のまひるさん)と一緒に見るのを楽しみにしていた番組なので、自分の体験した話で出させていただけると知って、本当に信じられないくらいうれしかったです」と語り、相方のまひるさんは「最初聞いたときに、どっきりかと思いました」と信じられなかったもよう。





ドラマ初出演で初主演のよしこさんに女優としての気持ちを尋ねると、「小雪さんを意識するといいますか(笑)、いつもは芸人として意識してましたが、今回は女優として小雪さんを意識しながらやっています」と独特の意気込みで笑いを誘い、待ち時間にディレクターズチェアに座るのも初体験で、「女優をやらせてもらえることにワクワクしています」と新鮮な気持ちを語っています。『ほん怖』について、まひるさんは「小さい頃から毎年楽しみで、録画して永久保存版にしています。ワクワクするんですよね」とファンであることを告白しつつ、「大好きな『ほん怖』に出させていただいてとても光栄です。私達が体験した恐怖をみなさんにも共有してもらえたらうれしいです。ぜひ家族みんなで怖がってください」と視聴者にメッセージを送っています。


この他にも、菜々緒さんや平祐奈さんの『ほん怖』初主演が決定!


すでに発表された神木隆之介さんをはじめ、今後発表される豪華キャストとともに作り出す、リアリティーあふれる文字通りの“ほんとにあった” 最恐のリアルホラーエンターテインメントにぜひご期待ください。


■番組情報


<タイトル>



土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 -夏の特別編2018-』


<放送日時>



8月18日(土)21時~23時10分


<出演>



ほん怖クラブリーダー:稲垣吾郎


<ドラマ概要>



「ナニワ心霊道」

脚本:酒巻浩史

演出:森脇智延

出演:よしこ(ガンバレルーヤ)、まひる(ガンバレルーヤ)、桐山 漣、余貴美子 他

あらすじ:よしこが、まだ芸人としての仕事がなくスナックでアルバイトをしていた時の出来事-。常連客が連れてきた柴崎雄二(桐山漣)と、千佳ママ(余貴美子)の薦めもあって、よしこは連絡先を交換した。数日後、柴崎からよしこに「明日、ひま?」とのメールが届く。デートの誘いかと思ったよしこだったが、翌日連れて行かれたのは、柴崎の父親の部屋だった。この間亡くなったため、遺品整理を手伝って欲しいという。一生懸命働くよしこに、柴崎が父の形見の黒い数珠をプレゼントする。男性からの初めてのプレゼントに喜ぶよしこだったが、それ以来、よしこが相方のまひると同居する部屋で、おかしな事が頻繁に起こるようになった・・・。



カテゴリ