彼氏ってどうやって作るの?恋愛下手な女子が恋を手に入れた方法

彼氏ってどうやって作るの?恋愛下手な女子が恋を手に入れた方法

平成最後の夏なのに、彼氏ができない。できる気配もない。


見た目を磨いたり、出会いを求めてみても、うまくいかない時期ってあることものです。そしてそもそも出会いの場に行くのが苦手だったり、好きな人すらできないという人もいるのでは?



でも、そんな「恋が苦手」な女子でも、意外なことが恋のきっかけになることもあるんです。


好みのタイプがいそうなところに行く


「マッチングアプリに登録して、いいなと思う人ともデートしました。でも失礼な人も多いし、そこまで好きじゃない人にガツガツと品定めされるのに嫌気がさして退会。今度はボルダリングジムに通うことに。


なぜかと言うと、アプリでステキに思える男性がみんな『ボルダリングが趣味』って書いてたから。


趣味をきっかけに知り合うと普通に仲良くなれるし、女子が少ないので教えてもらったり、すぐ親しくなれちゃう。その中で知り合った人と、ごく自然におつきあいが始まりました」(26歳・女性)


出会えるのはわかるけど、アプリのガツガツした空気が辛いという人も多いです。この彼女の場合は「自分の好きなタイプが好む趣味」に目をつけたのが効いたよう。


アプリが苦手でも、数多くのプロフィールを見て自分の好きなタイプを再確認できたり、彼らの特徴を把握できたのも大きいです。


趣味の場はアプリのように減点式で見られることもなく、共通の話題もあって自然に親しくなれます。ただし、ナンパに行くような心構えではなく、純粋に趣味を楽しむほうがいいようです。


新規の女友達をつくる


「合コンや紹介で頑張ってみたけど全滅。『こんなに頑張っても彼氏ができないなら、恋愛は忘れて楽しもう』と、会社の女子と食事をしたり、SNSのフォロワー女子と会ったり、女友達を増やして楽しく過ごしていました。


そのうち、知り合いの知り合い的に、新規の男子と知り合う機会が増え始め、友だちから昇格して付き合い出したのが今の彼です」(30歳・女性)


出会いが欲しいとなると、異性との出会いにばかり目がいきますが、人間関係そのものを広げることで結果的に質のいい出会いが増えることも。


特に、今までと違うタイプの女友達ができると、放つオーラや話題が変わり、知り合うタイプも一変することが多いようです。


ただし、紹介狙いで新しい女友達をやみくもに増やすのはNG。「結局男目当てじゃん」と信用を損ないます。


男性のことはあえて忘れて楽しく過ごしたほうが、結果的に世界が広がり、思わぬ出会いを手にできそう。


極度のマイペースをやめる


「『男に媚びる女は選ばれない』を真に受けて、仕事が終わったら直帰、気の乗らない飲み会はパス、「絶対付き合わないな」という男性には塩対応と、マイペースを貫きまくっていました。


ある日男友達に「モテないなりに態度をやわらかくしろ」と指摘され、それまでは興味ないからとバッサリ断っていた飲み会に顔を出してみることに。


男の人の「奢るよ」「送るよ」も素直にお願いしてみたり、興味のない話でも一応はきいてみたりと、最初は面倒でしたよ。


でも周囲の男性の態度がだんだん変わってきて、その中の1人を好きになりました。2人でデートするようになってすぐ、告白してもらえました」(29歳・女性)


「媚びてる女はモテない」も正しいですが、極度のマイペースもそれはそれで「クセのある女」と敬遠されることに。


さらに、自分で「マイペースなの」と公言すると「口うるさくて面倒くさい子なのかも」と男性にジャッジされます。


「恋愛に関係ないだろうけど、場を楽しもう」という柔らかい態度をとれると、自然と好意的に見てくれる人が増えるでしょう。


少しだけ「今と違うこと」をしてみよう


身だしなみに気を遣い、いつも笑顔で……そんなわかりやすさだけが恋のきっかけではありません。


今までの自分と、ほんの少し行動を変えてみるのが効きます。小さなことでもいいので、新しい世界を広げてみては?


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ