齋藤飛鳥、10代最後の夏の「瞬き」 濡れ肌カットで大人の魅力も発揮

齋藤飛鳥、10代最後の夏の「瞬き」 濡れ肌カットで大人の魅力も発揮

 人気アイドルグループ・乃木坂46の齋藤飛鳥(19)が、8日発売の『週刊少年マガジン』36・37合併号(講談社)の表紙に登場。同日発売の21stシングル「ジコチューで行こう!」のセンターが、残りわずかとなった10代の美しさを存分に発揮した。



【別カット】齋藤飛鳥の横顔が美しい!



 10月公開の映画『あの頃、君を追いかけた』ではヒロインを演じ、ファッション誌『sweet』ではレギュラーモデルを務めるなど、アイドルという枠を超えて活躍する齋藤。今月10日に二十歳の誕生日を迎えるが、誌面では16ページの大ボリュームで10代最後の夏を切り取った。



 爽やかなワンピースや、Tシャツ&ショートパンツなど夏らしいスタイルで透き通るような美脚を披露。鮮やかな赤いワンピースをまとったカットでは、水の中に体を沈めてカメラを見つめ、大人の魅力も見せている。



 同号の巻頭カラー漫画は、劇場版アニメが18日に公開される『七つの大罪』(鈴木央)。



【写真】撮影:Takeo Dec. スタイリング:優哉 ヘアメイク:スズキユウジ(マクスタア) デザイン:坂上和也(banjo) 衣装協力:NON TOKYO
カテゴリ