【診断】自己犠牲するから彼が逃げていく?自己犠牲女子の特徴4選

【診断】自己犠牲するから彼が逃げていく?自己犠牲女子の特徴4選

【恋愛コラム/モデルプレス】好きな彼には尽くしちゃう!そんな女性って少なくないですよね。でもそれってただの自己犠牲になっているだけかも…。我慢をするほど尽くしてしまうと、都合のいい女に成り下がってしまうことになるでしょう。今回は自己犠牲女子がやりがちなことを4選つご紹介。自己犠牲女子になっていないかチェック!

♥その1:会いたくても我慢してしまう
恋愛で自己犠牲をしてしまう女性は、会いたい気持ちがあっても、それを我慢してしまうことがあるでしょう。

特に彼氏に忙しい様子があると、遠慮をして寂しい思いを伝えることができないようです。

ですが、それではきちんとお互いに向き合っているとは言えません。

女性としては、寂しい思いを伝えて、鬱陶しいと思われたり面倒だと思われたりすることを怖がって言えないのかもしれませんが、それで本当に付き合っていると言えるのでしょうか。

素直な気持ちとして「会えなくて寂しいな」と感じたら、それは遠慮することなく彼氏に伝えましょう。それで関係が壊れたとしたら、それまでということではないでしょうか。

ただ、伝え方として、ヒステリーになってしまったり責め立てるような言葉になってしまったりすると、誰だって逃げたくなってしまうものです。

冷静に、「私はこう思う」と意見を伝えるようにすると、彼も聞く耳を持ってくれるのではないでしょうか。

♥その2:相手の都合に振り回されてしまう
恋愛で自己犠牲をしてしまう女性は、相手の都合に振り回されてしまうでしょう。また、振り回されることが当たり前になっているので、特に自分を犠牲にしている意識もない人がいるかもしれません。

例えば、振り回されることの例でよくあるのが、「男性に呼び出されたらスグに駆けつけてしまう」です。

男性は本命女性のことを都合よく急に呼び出したりはしないものなのではないでしょうか。

ですが、男性に振り回されることに慣れている女性は、むしろ喜んで駆けつけてしまうところがあるでしょう…。そういった男性とはそのときは楽しく過ごすことはできても、なかなか次に会う約束を取り付けにくいのではないでしょうか。

♥その3:お世話をしすぎてしまう
恋愛で自己犠牲をしてしまう女性は、彼の身の回りのお世話をしすぎてしまうところがあるでしょう。

料理や洗濯、掃除を完璧に献身的にこなすことで、彼に「いい奥さんになりそう」と思ってもらいたいという考えがあるのかもしれませんが、彼女ではなく家政婦のように捉えられる可能性があります。

やりすぎの例としては、付き合いたてという浅い関係の段階で、彼の家のトイレやお風呂などの水回りの掃除をするのはやりすぎでしょう。

また特に気をつけたいのが、金銭的なお世話です。「ゆくゆくはお財布を1つにするかもしれないし」という気持ちで金銭的な援助をしてしまう人がいるかもしれませんが、本当に感謝の気持ちを感じる男性は少ないのではないでしょうか。

男性から都合のいい女性だと捉えられる可能性があるという意味で、男性のお世話をしすぎるというのは自己犠牲に繋がり、対等な恋愛関係を生まないことがあるでしょう。

♥その4:彼の女遊びは見てみないふり…
恋愛で自己犠牲をしてしまう女性は、仮に彼氏が女遊びをしていたとしたら、それを許したり、見過ごしたりしてしまうことがあるでしょう。

許したり見過ごしたりしてしまう女性の根底には、「自分は浮気をされるような女」「男性は浮気をするもの」と思い込んでいる部分があると思います。

だからこそ、「やっぱりそうだよね…私は我慢するしかないんだ」と妙に納得してしまったり、彼に強く言えなかったりするものです。

ですが、それは本当にただの思いこみです。

浮気をされる恋愛を選ぶか、浮気をされない恋愛を選ぶかは、あなた次第と言えるでしょう。

♥尽くさないのがいい女?
女性の中には「好きになった男性には尽くすものだ!」「尽くしていることが幸せ」と感じている人が少なくないと思いますが、程度が過ぎると、都合のいい女性になってしまうでしょう。

自己犠牲をしてしまう女性の根底には、恋愛に対する自信のなさがあると思います。

彼に対していかに尽くせるか、いかに自己犠牲をできるかで、彼に愛情表現をしているところがあるのだと思いますが、それでは自分を大切にできているとは言いにくいのではないでしょうか。

穏やかな恋愛関係というのは、上下関係をはらんでいないものです。恋愛は対等にできるものと思って、自分を犠牲にするような恋愛からは卒業してみてはいかがでしょうか。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
カテゴリ