年下男子が、落としたい年上女子に出す「脈アリサイン」

年下男子が、落としたい年上女子に出す「脈アリサイン」

気になる年下男子は優しい。でも、これって脈アリサインなのか、単に私が年上だから礼儀正しいのか、イマイチよくわからない……。


そんなこともあるでしょう。勢い余って「年上?ないです」なんて言われたら立ち直れないけど、気持ちを知る方法があればいいのに。


そう思ったら、彼がこんな言動をしていないか見てみては?



「やりたいこと(行きたいとこ)はありますか?」


「正直言って、年上のお姉さんに何をすれば喜んでくれるかわかんないんですよ。


だから、『どこに行きたいですか?』『なんかやりたいことあります?』って聞いちゃう。力仕事とか頼まれたら頑張っちゃうし、買い物に付き合わされても平気。


だいたいこういうことで喜びそうだな……ってわかってきたら、積極的にデートプランを立てて誘います」(25歳・男性)


「私が年上だからって、デートプラン丸投げ?女子扱いされてない(泣)」と思ってしまいがちな一言ですが、相手が年下なら落ち込む必要はないかも。


「希望を叶えてほめられたいけど、うかつなことはできないな」という心理からの行動かもしれません。


デートしてみれば、「喜ばせたい!」という彼の気合いを感じるかも。


「年は気にしません」「若い」


「年齢差が気になるのはおたがいさまじゃないですか。


だから、自分から『年は気にしない』『若くてキレイ』のように、女としてアリですサインを伝えたい。


『なに言ってるの?』って鼻で笑われたら撤退しますけどね」(27歳・男性)


年齢差を気にして、「どうせ恋愛対象外」だと思われるのは困る!恋愛対象としてアリと考えているのを知ってほしい……。


こんな気持ちを素直にアピールするのも、年下男子の脈アリサインと言えそう。


わざわざそんなこと言う時点で、めちゃめちゃ気にしてるじゃん!というのはナシで、「嬉しいな」と答えるのがよいでしょう。


「今まで付き合ったのは、年上?年下?」


年下


「年上の女子にとって、自分はアリなのか知りたいんですよ。だから、今までの彼氏のことはさりげなく聞きたいです。


『今まで年下と付き合ったことある?』とかね。『年上か同い年しかないな』なんて言われたら、望みは薄いかな……とちょっと凹みますね」(23歳・男性)


実際に年下男子と付き合っている女子も『あーこれ聞かれたわ(笑)」という人が多いこの質問。返し方が重要ですね。


とはいえ、実際には年下と付き合ったことがない……そんな時はどう返すべき?


あなたも恋愛対象に入ってるよ!と伝わればいいんです。


「年下の人とは出会いがなくて……でも、特別年上好きってワケではないよ」のように、正直に答えつつ、年齢で区切っていないことをアピールするとよいでしょう。


ものを教えたがる


「年齢に関係なく、僕のほうが得意なことってあると思うんですよ。


趣味に対する知識とか、先輩後輩じゃないなら、仕事でだってあるかもしれない。


そのジャンルで、彼女が知りたがってることはどんどん教えたいです。すごいねって言われたい」(30歳・男性)


年下だからってなめられたら終わり!男として見てほしい……。そんな気持ちを持つ年下男子は、年上女子に何かをレクチャーできるチャンスは逃しません。


素直な気持ちで聞き入ってあげるのがおススメです。


彼女の食べ残しを食べる


『年上のお姉さんとデート中、僕が満腹になれるようなお店でごはんを食べたら、彼女はお腹いっぱいになりがちじゃないですか。


そんなときは、彼女が残したごはんを『それ、俺が食べていいですか』って食べるの。男らしさアピール……になってるかな、と思います」(26歳・男性)


こちらも好意がある男子だったら、ちょっとドキッとしそうな行動ですね。


いっぱい食べれる男らしさアピールに加え、生理的にアリという気持ちを表していることも。「年上?ババアじゃん」なんて思われるのでは?という年上女子の被害妄想を拭ってくれる行動でもありますね。


頼られたい!男らしいと思われたい!


年下男子が出す脈アリサインには「頼ってほしい」「男らしいと思われたい」そんな気持ちがにじむものが多いです。


「甘えられるよりドヤられる」くらいのほうが脈アリ度は高いですよ!


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ