言葉以外でもわかる!彼の見た目から知る「脈ありサイン」とは?

言葉以外でもわかる!彼の見た目から知る「脈ありサイン」とは?

言葉にして好意を示してくれれば一番わかりやすいですが、男性の中にはそれが苦手な人もいます。


もし言葉以外で彼の気持ちがわかったら、女性もアプローチしやすいですよね。


そこで今回は心理学から紐解く、「彼の見た目から知る『脈ありサイン』」についてご紹介します。



1、 一方の肩が下がっている


一方の肩が下がっているからといって、普通は脈があるとは考えにくいですよね。しかしアメリカの心理学者メラビアンが行った実験によると、男性は好きな女性をイメージすると、どちらか一方の肩が下がるのだそう。


これは意外な結果ですよね。もし彼があなたと話している最中、肩が下がってリラックスしているようであれば、心を開いてくれている「脈あり」と捉えても良いのかもしれません。


2、 顔や体を向けている


たとえば芸能人の熱愛でも、1枚の写真を見ただけで「これは男性のほうが彼女にゾッコンなんだろうな」と思うことってありませんか?


でも会話が聞こえるわけでもないのに、私たちはなぜそう思うのでしょうか。それは彼の顔や体が、しっかり女性側に向いているかどうかが関係しています。


もしあなたが彼と話しているとき、相手が体ごとあなたのほうに向き、やや前かがみになっていたら脈あり度は高いかもしれません。このような状態を心理学では「ブックエンド効果」と呼ぶそう。


たしかに人って本当に興味がなくなると、話をしているのにもかかわらず、顔は相手を向いていない……なんてことがありますもんね。そう考えると「ブックエンド効果」は「脈あり」として納得できる点がありますよね。


3、 瞳孔が開いている


瞳孔とは目に入る光を調節する器官。当然明るい場所では小さくなり、暗いところでは大きくなりますが、なんと好きな人や物を見るときも瞳孔は大きくなるのだそう。


つまり彼の瞳孔が広がった際には、多少なりとも自分に好意があると考えても良いのかも。なかなかじっと彼の目を観察するのは難しいかもしれませんが、次のデートからは少し意識して見てみてはいかがでしょうか。


おわりに


誰にでも平等に接することができる人なんてごくわずか。やはり好きな人にはところどころに好意が出てしまうものです。


そのサインを逃さないようにすれば、タイミングよく素敵な恋ができるのではないでしょうか。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)


参考文献

・ゆうきゆう(2015年)『「なるほど!」とわかる マンガはじめての恋愛心理学』西東社

・ゆうきゆう(2018年)『「なるほど!」とわかる マンガ見ための恋愛心理学』西東社



カテゴリ