「チークは脇役」。この秋チャレンジしたい“チークレスメイク”では遊びを取り入れるのがポイント♡


雑誌やネットも、もうファッションやメイクは秋の特集を見かけますよね。まだ暑い日もありますが、すでに秋向けのお洋服を買ったという方も多いのでは?



コスメ売り場も秋カラーがズラリと並び、見ているだけでワクワクします♡



というわけで今回は、この秋のメイクにおすすめのチークレスメイクをご紹介します!



チークレスメイクって?



そもそもチークは、血色をよく見せるためにいれるもの。そして、いれる色や形によって顔の印象に変化をつけることもできます。



いれるのといれないのではだいぶ印象も変わるし、今やメイクをする上でチークなしは考えられない存在です



そんなチークをなしにするのがチークレス、と思いがちですが、それは少し違います。チークの色や入れ方を変えてチークを脇役にする、と考えれば分かりやすいですよね。



実は、パリコレなどのファッションショーのメイクは、ほとんどがチークレスメイクで、甘さを抑えてカッコいい雰囲気のメイクにするのにおすすめなんです♩



今年の秋ファッションでは、またチェック柄が人気のよう。チェック柄はガーリーになりがちですが、チークレスメイクを覚えておけば、クールに着こなすのにひと役かってくれます



チークレスメイクでは遊びを取り入れて



チークレスメイクが初めてという方には、チークを脇役にするぶん、どこかに血色を感じさせるのがおすすめ





illustlation by material_2014



アイシャドウ



目元には、レンガっぽい赤茶のアイシャドウをつけるのがかわいい♡



赤茶のアイシャドウって、実はとても使いやすいんです。目を大きく見せる効果も高く、暖色系なのに甘くなりすぎないので大人の女性にもおすすめの色です。



チークはベージュ系を使ってほんのり入れます。



リップ



リップは、目元とのバランスを考えて、深めの赤でマットな質感だと秋らしさを演出できます



メイク上級者さんの場合は、モード系に仕上がるヌーディーな色を使ったメイクもかっこよくておすすめ。この場合は、目元にパステル系のアイシャドウを入れてもかわいいですよ♡



深み色×パステルカラーで遊ぶ





illustlation by material_2014



秋冬に使いたくなるバーガンディーなどの深みのある色は、実はパステル系の色がとても相性が良い。



リップが濃いめの赤だったら、アイシャドウはパステル系のラベンダーと合わせたり、カーキのアイシャドウにイエローのリップとグロスを合わせてみるなんていうのもかわいいですよ!



ファッションと一緒に秋メイクも楽しんで♡





illustlation by material_2014



チークを脇役にすると、アイシャドウとリップで遊びが広がります。



パリコレなどを参考に、モードメイクを取り入れてみるのもファッションの秋には素敵かもしれません♡



カテゴリ