無駄モテしないで好きな人と付き合うコツ

無駄モテしないで好きな人と付き合うコツ

顔も可愛いし、人と話すのも得意。


モテない訳じゃないのに、いつも好きな人は振り向いてくれず、寄ってくるのは興味のない人ばかり……。


なんて人はいませんか?あまりに好きな人が振り向いてくれないと「私って悪くない、と思っているのは自分だけなのかも」などと、自信を失うはめに。


好きな人にも私を好きになってほしい!そんなとき、何に注意すればいいの?



「自意識過剰」が無駄モテのモト


好きな人に「だけ」好かれない人に共通しているのが「自意識過剰」だということ。


彼のことを好きだとばれたら恥ずかしい、好意を出したのに冷たくされたら恥ずかしい……。


そんな思いから、好きな人にだけ妙にツンケンした態度を取ってしまったり、目を合わせることすらさけてしまうのが「自意識過剰女子あるある」です。


これでは好意を感じさせるどころか「俺のこと、嫌いなのかな?」と思われることに。


「興味のない人には好かれるのに」と言う場合の「興味のない人」には、どんな態度で接していますか?


おそらくは、そっちの方が自然体でしょう。自然に人を惹きつけるのは、やっぱり自然な態度です。


「好意がばれたらバレたでいいや!気にしてもらえるかもしれないし」くらいの開き直りがほしいところです。


みんなの人気者を目指す


好きな人に好かれたいあまり、彼「だけ」の好感を狙った行動に出るのは逆効果。


好きな人の前ではニコニコだけどあとは無表情だったり、好きな人が好きだと言った芸能人のメイクやファッションをなんでもマネするなど、ピンポイントで露骨に狙いすぎるのは失敗のモトです。


彼はあなたのイメチェンや笑顔を「俺のためかな?」なんて思わないのに、周囲には「あの子、なんか狙ってる」というのがなぜかバレます。


狙った彼本人をどうにかしようというよりは、むしろ、職場や仲良しグループなど、彼の属するコミュニティの中での自分の価値をあげることに注力した方が効果的です。


人がいいと言うものは自分も欲しくなるような「人気が人気を呼ぶ」現象があります。


彼があなたを意識していなくても、周りがみんなあなたをほめていれば「そんなに可愛くていい子なんだ」と意識し始めることも。


特に、先ほど紹介した自意識過剰な人や、本命の彼にだけ照れてしまう、という人にオススメの作戦です。


ほかの人とは微妙に態度を変える


人間誰しも、自分にだけちょっと違った態度で接する人のことは気になってしまうもの。


好きな人には、ほかの男子とはちょっとだけ態度を変えて接してみましょう。


他の人には(たとえ気づいていても)「髪、切った?」と聞かないけど、好きな人にだけ聞いてみる、など「自分に好意があるのか、たまたま気づいたのか?」と気になるくらいの微妙なラインを狙いましょう。


また、他の人に露骨に冷たくするのはまわり回って自分の印象を下げるので「ほかをチョイサゲ」ではなく「彼をチョイアゲ」路線は死守しましょう。


「気に入られたい」は、いったん忘れて


好きな人への好意は十分にあるのに、それが間違った伝わり方をしているようでは損ばかり。


「彼に好かれたい、気に入られたい」という健気な気持ちも、表し方を間違えるとむしろ相手を遠ざけてしまうことに。


「気に入られたい」と思いつめないことで、むしろ自然なチャンスが増えますよ。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ