愛の言葉を言ってくれない彼…「好き」って言わせるテク3つ

愛の言葉を言ってくれない彼…「好き」って言わせるテク3つ

交際をしているとしても「好き」だと言ってもらうことは嬉しいですよね。


逆に、なかなか愛の言葉をかけてくれない男性との交際は、ちょっと寂しいものがあります。


そこで今回は「好き」や「愛してる」という言葉をなかなか言ってくれない男性とお付き合いをしている方に読んでいただきたい「好き」と言わせるテクについてご紹介していきます。



1、自分からも「好き」を言わないようにする


失って始めて気づくものがあります。あなたからの愛は、言葉でいつも聞けていたのに、それが無くなってしまうと彼は「あれ……」と気づきます。


そして「なんだか寂しいな」となります。


「いつも俺のことを好き好き言ってくる彼女。正直ウザいな~と思ったこともありました。でも、フタをあけてみたらそれが嬉しかったんでしょうね。


それが無くなったらなんか味気なくなっちゃって。なんで俺のこと好きって言ってくれなくなったのか気になりました」(20代男性・専門職)


女性側からの愛の言葉が無くなると、嫌われた……?と不安になる男性がいるようですね。


愛の言葉がないと寂しいということを身をもって知ってもらうには最適な方法なのではないでしょうか。


2、私のこと好き?とは聞かない


ついつい、愛の言葉欲しさに「わたしのこと、好き?」と聞いてしまってはいませんか?


あなたは欲すれば欲するほど、彼はなかなか愛の言葉を言ってくれなくなってしまうというケースもあります。


恥ずかしがりやの彼に対しては、欲しいと思ってもじっと待つということも必要なようです。


「彼女が、自信がないのか、よく『わたしのことどう思ってる?』とか『ちゃんと好きでいてくれてる?』と聞いてくるんですよ。


ちょっと重いというか……求められているのは伝わるんですけど、プレッシャーにもなるんで」(30代男性・航空関係)


言おうと思っても、プレッシャーに感じて言えなくなるということが多々あるようです。


男性に対して過度に愛の言葉を要求するような発言は控えたほうが、結果的に愛をたくさん伝えてきてくれそうです。


3、趣味や好きなものなどに対しては「好き」を積極的にいう


好きなテレビ番組や、好きな俳優さん、食べ物などに対しては、積極的に好きだということを口にしていきましょう。


友人知人といった近い存在に対してそれをおこなってしまうと、ケンカのキッカケになるような嫉妬が引き起こされます。


「テレビとかにはこれ好き!っていうくせに、俺には好きっていってくれなくなったなぁ……と思って、彼女に好きっていうようになりました。」(30代男性・販売)


嫉妬させる対象を、趣味や彼以外のもの、人にすることでカドが立ちにくく、さらに彼の「好き」ということへの意識を自然とめばえさせることが出来るのです。


おわりに


いかがでしたか?


「好き」のひと言が欲しくても、ストレートに表現しては「重い女」と取られてしまう可能性も。


皆さんも愛の言葉が欲しくなったらぜひ、試してみてくださいね。


(コンテンツハートKIE/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ