新たにナゾの男・京本政樹が登場…物語にさらなる波乱が!

新たにナゾの男・京本政樹が登場…物語にさらなる波乱が!

9月1日(土)『いつかこの雨がやむ日まで』





渡辺麻友さん主演の愛と狂気のラブサスペンス『いつかこの雨がやむ日まで』(毎週土曜日23時40分~24時35分)。深まる15年前の事件の謎…。第5話では、新たに京本政樹さんが登場します。刑事の剛田(木村祐一さん)と密会する影ある謎の紳士。新たな人物の登場は何を意味するのか? 京本さんに伺いました。


――京本さんが演じる紳士は剛田から「谷川和也(堀井新太さん)の記憶が戻りつつあります」と報告を受けます。ということは、15年前の麻美(三倉茉奈さん)殺人事件の関係者なのでしょうか?


どうでしょう(笑)。この作品は回を重ねるごとに謎が深まる物語ということで、僕の役どころも謎多き影のある人物として演じています。やるからには僕としてもドラマの世界観に応えるべく、いつもとはガラっと違う雰囲気のキャラクターを創作してみました。


■京本政樹「仲良しのキム兄との緊迫シーンはみどころです!」





――第5話からの登場で、存在感を放つ京本さん、キャリアあってこそですね。


このドラマのお話をいただいた時、映画を2本撮影中で、正直お受けすることが難しい状況だったのですが、プロデューサーさんから「どうしても是非に!」と熱心にお話をいただいたんです。

実はそのプロデューサーさんはドラマ『必殺』シリーズで僕が演じた“組紐屋の竜”の大ファンで、小学生の頃に京都の撮影所で一緒に撮影した写真もあるとのお話を聞きました。実際、そのときのお写真を見せていただいたのですが、ホントに僕の膝の上に座って藤田まことさんと記念撮影をしているんですよ(笑)。これも何かのご縁と、出演をお受けすることにしました。

今回は朝ドラ『ちりとてちん』(2017年)での共演以来、仲良しのキム兄(木村祐一さん)との場面が緊迫したものになっています。これは見どころですよ!


■木村祐一「人生はもうずっと決断の連続。やっぱり早い方がえぇやろうと感じてもらえれば」





木村祐一さん演じる刑事・剛田は、何かに駆り立てられるように15年前の事件を追ってきました。しかし第5話での京本さん演じる謎の紳士とのやりとりから、何らかの事情があることも判明します。木村さんに話を伺いました。


――剛田というキャラクターをどんな人物と捉えて演じていますか?


いわゆる“たたき上げ”の所轄の刑事で、國彦の出所を機に15年前の事件について独自の捜査をするんですが、剛田自身にも闇の部分があるので、そこを自問自答しながら、背徳心もありながらということなんでしょうね。だから、いかにも刑事っぽい役という雰囲気じゃないほうがいいのかなと思っていたら、監督から「言葉は大阪弁でいいので」と言っていただいたので、外に与える印象は“普通のおっさん”でえぇんかなと。台詞の内容とか物語の背景において「なんかいろいろあるんだな」っていうのは、ドラマを観た人に感じてもらえればいいことなので。そこの部分をあまりに演出しようとすると、かえってややこしくなるじゃないですか。だから“普通のおっさん”というイメージで演じました。


――改めて剛田の見どころをお聞かせください。


この作品は、登場人物それぞれの人生が、時代を経ていく中で絶妙にリンクしていて、言いたいことを言えた人、言えなかった人のその後の人生への関わり方がすごく細かく描かれているなと思います。人間の情が複雑に入り組んだ話ではあるんですけど、最後は観ている人にも納得してもらえるような終わり方になっているんじゃないかなと。

劇中では、主人公のひかりも、僕が演じる剛田も人生の選び方というところでいろんな決断をします。人生はもうずっと決断の連続ですからね。この作品を観て、その決断はやっぱり早いほうがえぇやろうというようなことを感じてもらえればいいですね。1年悩むんやったら半年、半年悩むんやったら1ヵ月、1ヵ月悩むんやったら1日、1日悩むんやったら1時間で決断しようと、希望が湧くような作品になっていると思います。そして、ある出来事がきっかけで決断することができた剛田の姿を見て、決断に遅すぎることはないということも感じていただけたらうれしいです。


新たにナゾの人物の登場で、物語はさらに謎めいた展開に。果たして真犯人は誰なのか?京本政樹さんと木村祐一さんの緊迫シーンも注目です!!


そして第5話からは、土ドラ公式Twitter企画「真犯人は誰だ!?」をスタート!

土ドラ公式Twitterアカウントのフォロー&リツイートで豪華プレゼントが当たります。

公式アカウントをフォローしていただいた上で、31日(金)に公式アカウントから出されるアンケートに答えてリツイートしてみてください!





<第5話あらすじ(9月1日放送)>

「ロミオとジュリエット」のゲネプロ中にまたも事故が起こり、芽衣(宮澤エマ)が負傷、劇団は一時休止になってしまう。事故に國彦(桐山漣)が関わっているのではと不安になるひかり(渡辺麻友)。一方、和也(堀井新太)が働く「たにがわ」では、和也の兄・幸一郎(間慎太郎)が金銭トラブルを起こし経営の危機に。奔走する和也だったが、付き合いの深い農園経営者・原田(鶴田忍)からも突き放されてしまう。それを知ったひかりは、ある意外な行動に出るが…。


■番組情報


オトナの土ドラ『いつかこの雨がやむ日まで』


<放送日時>



毎週土曜 23時40分~24時35分


<出演者>



渡辺麻友

堀井新太

吹越満

筧美和子

宮澤エマ

 ・

星野真里

 ・

三倉茉奈

紺野まひる

斉藤慎二(ジャングルポケット)

 ・

桐山漣(※さんずいに点1つのしんにょうの漣)

木村祐一

斉藤由貴




カテゴリ