『 BanG Dream! ガルパ☆ピコ 』Pico08「ドラマーっていつも何かしらリズム刻んでるよね」【感想コラム】

『 BanG Dream! ガルパ☆ピコ 』Pico08「ドラマーっていつも何かしらリズム刻んでるよね」【感想コラム】

すべてのバンドの担当回を終えたのち、「さーくる合同ライブ」の会議をやった前回。とってもハチャメチャでしたね。闇鍋感の強い回だったように思います。


そんな前回を経てどんなお話が放送されるのか楽しみでした。ワクワクしている筆者の前に出てきたのが今回のお話です。今回の話、ざっくり言うと「ドラム回」です。各バンドのドラマーを集めた回ですね。


比較的常識人が多い(ような気がする)ドラマー5人によるショートエピソード。早速見てゆきましょう!


このページの目次

1 サクッと終わるドラマー会議2 逸れる話題とドラムごっこ3 怒涛の注文、衝撃のオチ4 『 BanG Dream! ガルパ☆ピコ 』Pico08「ドラマーっていつも何かしらリズム刻んでるよね」の感想
■サクッと終わるドラマー会議

場所はファミレス。そこに集まるはドラマー5人。沙綾、巴、麻弥、あこ、花音が机を囲んでいます。なんとも華やかなドラマー集団ですね~。


そんな5人が集結した理由は「さーくる合同ライブ」に向けた打ち合わせでした。合同ライブに向けていろいろなことを決めるのか…


…と思いきや、共通の持ち物を決めただけ!


えっ、決めること少なっ!


5人も各々に言っていましたが、ドラムは自分でドラムセットを持ち運べるわけでもないですし、なにかお決まりのフレーズがあるわけでもありません。そうなると当然、持参物も打ち合わせてやるようなフレーズもありませんよね。となると、決めることもないんです。


そりゃあサクッと会議が終わりますよね(笑)


でも、ドラムもギターみたいに集まりたいんです!


■逸れる話題とドラムごっこ

画像引用元:©BanG Dream! Project


会議が終わったあともファミレスでのドラマー会合は続きました。「ドラムだって集まりたい」という想いからはじまり、スネアなら背負えるかもというギターへの張り合いや各々がイイと思ったスネアケースを見せあうなど、他愛ないドラマートークを展開していましたね。視聴者が求める女の子たちの日常を描いていて素晴らしかったと思います。


そんな話をするなかで唐突にはじまったのがドラムごっこです。各々が「デケデケジャーン」といった風に口ドラムを披露。誰が示し合わせたわけでもないのに全員が動きも再現していました。それぞれのキャラクターの口ドラムが性格を現わしていたのが面白かったですね。


特に、花音の口ドラムがとってもキュートでしたね。ちょっと控えめながらも楽しそうに口ドラムをしているところが実に花音らしくてかわいかったです。


あと、沙綾の口ドラムは上手かったですね。しっかりドラムの音を再現していたように思います。あこも上手かったとは思いますが、それよりもかわいさが上回っていたように感じました。


■怒涛の注文、衝撃のオチ

口ドラムでひとしきり盛り上がったあと、メニューの注文に移った5人。「とりあえずドリンクバーの人?」という巴のセリフはファミレスの定番だと思います。なんなら「ファミレス=ドリンクバー」、ファミレスに行く理由はドリンクバーがあるからですよね。


その後、各々が食べるものを決めていましたがそこにもキャラクター性が出ていましたね。沙綾が注文したペペロンチーノはキャラクターなのか声優さんなのか。どっちでしょうね?


あと、オチまでのスピードとオチのインパクトがすごかったですね。ネタバレをしないために深くは書きませんが、一度オチを確認したうえでもう一度視聴してほしいですね。あのオチに至るまでの過程がしっかりと描かれていますので、そちらもしっかり確認しましょう。


■『 BanG Dream! ガルパ☆ピコ 』Pico08「ドラマーっていつも何かしらリズム刻んでるよね」の感想

『 BanG Dream! ガルパ☆ピコ 』Pico08「ドラマーっていつも何かしらリズム刻んでるよね」【感想コラム】画像引用元:©BanG Dream! Project


今回はドラマー回でしたね。やっぱり比較的常識人が多いからかいつもより落ち着いているお話だったように思います。なんというか安定感のある回でしたね。


この流れが続くと考えると、次回以降も各バンドのギターやベースが集まることになるかもしれません。そうなるとぶっ飛んだキャラクターが多いギターの5人の回が不安気になるところです。紗夜さんの胃にでっかい穴が開く未来しか見えませんが、きっと楽しいことになると思います。


次回以降、バンドの垣根を越えたキャラクター同士の絡みが見られるかもしれないので、それを楽しみに待ちましょう!


『 BanG Dream! ガルパ☆ピコ 』感想コラムまとめ





(あにぶ編集部/タングステン)
カテゴリ