ドラマ『ケンカツ』プロデューサーが明かす、吉岡里帆が主演に抜擢された理由

ドラマ『ケンカツ』プロデューサーが明かす、吉岡里帆が主演に抜擢された理由

知られざる、吉岡里帆の魅力に迫る


2014年から「ビッグコミックスピリッツ」にて連載中の漫画「健康で文化的な最低限度の生活」。生活保護を扱う生活課に新卒入庁した主人公、義経えみるが、受給者との関わりの中で成長していく物語です。



「生活保護」という言葉は、あまりポジティブな意味で使われることはないかもしれません。インターネットで検索しようとすれば、予測変換には必ず「不正受給」の文字。原作では、もちろんそういったナイーブなテーマにも真正面から向き合っていますが、それだけではない人間ドラマも描かれているのが大きな魅力。



そして、そんな原作が、今年の7月からドラマ化され放送中です。はたして、なぜこのタイミングで『健康で文化的な最低限度の生活』という作品をドラマにしようと思ったのか。ドラマの制作現場の裏話とともに、プロデューサーの米田 孝さんにお話を伺いました。


■吉岡里帆と義経えみるには“ひたむきさ”がある




米田 孝プロデューサー


――今回、この原作をドラマ化しようといった発案者はやはりプロデューサーである米田さんですか。



そうですね。もともと原作を知っていて、面白いなと思っていたんです。もちろん当時は生活保護に対する知識などは持ち合わせていなかったんですけど、他の作品に比べて一歩テーマに踏み込んでいるところも魅力的だったし、ドラマ化しやすいパッケージでもあるな、とは思っていて。以前から、頭の片隅に置いていました。



それと同時に、約2年前、僕がAP時代に『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』という作品で吉岡さんとご一緒させていただいていたんですけど、その当時からいつか吉岡さんと一緒に作品をやりたいと思っていたし、本人とも話していたんです。吉岡さんは、今のような人気絶頂の前夜、というタイミングでしたね。



そういう経緯があった中で、自分の中で義経えみると吉岡里帆という人物がすごく重なって見えるようになって、この作品でやってみたいなと思った、というのがきっかけのひとつです。





――具体的にはどういった部分が重なって見えたんですか。



言葉にしてしまうと安っぽくなっちゃうんですけど、強いて言うなら「ひたむきさ」ですかね。彼女のもつ「ひたむきさ」が、周りに感化されていったり、ポジティブなパワーを与えたりする。



えみるはもちろんそうですが、吉岡さん自身にも以前からそういう部分は感じていて。お芝居はもちろん、本業ではないバラエティ番組ひとつ出るにも、自分が何を求められているのかとか、周りの人とどうコミュニケーションをとるべきか、など驚くほど考えている人なんです。



彼女のそういう一生懸命な姿に僕自身も魅力を感じるし、義経えみるという役柄を通して、吉岡里帆ってこういう魅力があるんだというのを世間に知らしめたいといった気持ちもあります。



もちろん演技ですから、ぜんぜん違うタイプの役をやる面白さというのもあるとは思うんですけど、でも結局その人が役を作っていくわけじゃないですか。ちょっとした所作とか言葉の端々にその人のもっているものが出てくるし、そのまま投影されていくのもひとついい形かな、と思っています。


■みんな「嫌な人がひとりもいない現場」っていうんですよ


――吉岡さんはもちろん、ほかのキャストの方々もかなり豪華ですよね。ほかのキャスティングでも、やはり役柄との共通点などこだわりがありますか。



そうですね、たとえば半田さんを演じている井浦 新さん。新さんとは初めてご一緒するんですが、以前から業界周りの噂として、新さんがいかに素晴らしい人か、というのはよく聞いていたんです。穏やかでやわらかくて優しくて、まだ若手のスタッフなんかにも平等に接してくれる。それは画面を通して見ていても、佇まいとしてそう感じる部分があって。



実際に会ってみて、本当に原作の半田さんみたいな雰囲気。むしろ、新さんがドラマの半田さんを完全に自分のものにしていて、ちょっとした小遊びも入れてくれるんです。



半田さんってキャリアがあるので、ともすれば彼の言ったことがなんでも正解、まるでスーパーマンみたいなキャラになりがちだと思うんですが、それじゃあ面白くない。正解は確かにもっているんだけど、どこかつかみどころのないキャラ。5話で「そういえば半田さんって結婚してるのかな」っていうセリフがあるんですけど、その設定自体決めてないんですよ。僕たちも「半田さんって結婚してるのかな?」って思いながら見てる。





――なるほど、確かにミステリアスさがありますね。



あとは、田中 圭さんですね。なんだかこのドラマの放送直前に、タイミングよく新さんと圭さんが他局のドラマでフィーバーしてましたけど(笑)。





――あれは……偶然ですか?(笑)



キャスティングは完全なる偶然です。ただ、そういうのを差し引いても、田中さんはとにかく格好いいんですよね。なんだかここ最近、より一層格好よくなっている気がしませんか?



――それは確かに。



色気が出てきちゃって、京極さんの、優しいけど厳しいという空気感もしっかり醸し出してくれている。厳しいんだけど、女性をくすぐるようなところもちゃんと出していて、いやらしい男です(笑)。芝居はもちろん以前からめちゃくちゃうまい人ですから、京極という公務員のキャラクターをうまく出してくれていて、本当にとってもいいメンバーが揃ってくれたと思います。





――主要キャストはもちろん、受給者役もかなり力が入っている印象を受けました。最初に遠藤憲一さんがきて、その次に、吉村界人さん、と続く。



そうですね。もともと吉村界人さんはドラマ『僕たちがやりました』などを通じて面白い役者だと感じていたのですが、いかんせん吉岡さんと年齢が同じなので大丈夫かな?という一抹の不安はありました。ただ、彼は良くも悪くも芸能人感のない、等身大の人なんですよね。ロケで団地から出てくる姿とかが、もうハマりすぎていて全く問題なかった。



服も、彼、自分の普段着とかも袖を切ってきたりするんですよ。25歳のやつがやることちゃうで、って思うんですけど、衣装合わせのときに監督がもうこれでいいじゃん、みたいな。だから、欣也という役を等身大の彼が演じてくれた感じなんですよ。



――あの回は、界人さんと江口のりこさんの演じる親子がぴったりハマっていてとてもいいキャスティングだなと思っていました。



あの二人は、よかったですね。撮影中もずっと二人で話すくらい仲良くなっていて。界人がクランクアップのときに、欣也のことがすごい好きだった、とか、面白かった、って言ってくれたのが、嬉しかったですね。彼は映画を中心に活動するタイプの役者だと思っていただけに、よかったな、と。



(インタビュー後編に続く)



取材・文=園田菜々


■番組情報


『健康で文化的な最低限度の生活』


<放送>



毎週火曜21時~21時54分


<出演>



吉岡里帆 井浦新 川栄李奈 山田裕貴/田中圭 遠藤憲一 他




カテゴリ