柔道日本代表選手たちが井上康生監督の素顔を激白!

柔道日本代表選手たちが井上康生監督の素顔を激白!

9月16日(日)19時から放送




左から)浜田雅功、井上康生、篠原信一、阿部一二三、藤原崇太郎


MCの浜田雅功さんと各界で活躍する一流のアスリートたちとの秘話満載のトークが見どころのスポーツバラエティー『ジャンクSPORTS』。今週9月16日の放送では、20日から始まる『2018世界柔道選手権』に出場する柔道男子日本代表選手7名(阿部一二三選手、ウルフアロン選手、髙藤直寿選手、長澤憲大選手、永山竜樹選手、原沢久喜選手、藤原崇太郎選手)と井上康生監督、さらに篠原信一前監督がスタジオに集結。「柔道スペシャル」をお送りします!

まずは、井上監督と篠原さんが現役時代にいかにすごい選手だったかをスタジオで紹介。二人のすごさが分かったところで、柔道男子日本代表の躍進、井上監督の改革に話が及びます。2012年に34歳という若さで就任した井上監督は、危機的状況の日本柔道の再建を使命として背負い、数々の改革を断行しました。EXILEファミリーとのコラボレーションや合宿中に茶道を取り入れ和の心を学ぶといった井上監督ならではの新たな取り組みについても明かされます。


■井上康生監督のモテたい疑惑を選手たちが暴露! 浜田「結構言うね~」




左から)阿部一二三、ウルフアロン、髙藤直寿、永山竜樹、原沢久喜、長澤憲大


そして、スタジオの雰囲気に慣れてきたころ、選手たちが井上監督の素顔を語り始めます。長澤選手とウルフ選手が、監督のモテたい疑惑にまつわるエピソードを暴露。監督も、すかさず反撃し、日頃の関係性がないと言い合えない領域のトークに、MC・浜田さんも「結構言うね~。(柔道選手たちが)こんな感じだと思ってなかった。良い関係ですね!」と言う程にトークが盛り上がります。

さらに、日本柔道界の若きエース・阿部一二三選手に他の選手たちからクレームの嵐がおこります。

収録後に感想を聞いてみると、阿部選手は、「柔道代表選手みんなと出させてもらい、楽しく収録できたので思い出に残る収録でした。こんなにも僕がイジられるのかってぐらいにイジられました」と楽しい収録だった様子を語っています。井上監督は、「緊張しましたが、選手とともに柔道の面白さが出せて良かったです。選手同士もいい意味でライバル視しあいながら、チームとして動いている以上はファミリー感というものをもったうえでやっている、本当に良いチームだと思います」と、番組収録の盛り上がりだけでなく、チームワークの良さが日本柔道の強さの秘訣であるかのような手応えを感じさせます。篠原さんは、柔道男子日本代表選手について、「代表選手が和気あいあいとしていますし、畳に上がれば真剣な表情と闘志満々の試合が見られると思います」と評価をし、井上監督については、「自分が一番モテたいという事なので、その辺の計算ははたらいている頭の良い奴ですね。恐るべし、です」と、けん制していました。




グループショット


男子柔道選手一人一人のキャラクターをMC・浜田さんが引き出し、選手たちの和気あいあいとした雰囲気の中で、面白トークがさく裂します! 柔道選手を知らない人も楽しめる1時間です!

なお、YouTube「フジテレビ番組動画」では、収録後の選手や井上監督、篠原前監督の動画コメントを本日から順次公開! 放送を見る前にぜひご覧ください。


■番組情報


<タイトル>



『ジャンクSPORTS』


<放送日時>



9月16日(日)19時~19時57分


<出演者>



MC:浜田雅功(ダウンタウン)

進行:永島優美(フジテレビアナウンサー)

ゲスト:

 柔道男子日本代表選手(五十音順)

  阿部一二三、ウルフアロン、髙藤直寿、長澤憲大、

  永山竜樹、原沢久喜、藤原崇太郎

 井上康生監督、篠原信一前監督

 野村忠宏(VTR出演)





カテゴリ