清楚系ビッチが結局強い!?男性が好きな女性のタイプを徹底解剖

清楚系ビッチが結局強い!?男性が好きな女性のタイプを徹底解剖

男性に好きなタイプを聞いても「優しい人がいい」とか「気が利いた子かな?」とか。


はっきりとした答えが得られない……と感じたことはありませんか?


結局は、見た目も重視されるはずなのに、内面を答える曖昧な答え……。


いやもう、そんなのいらない! と言うあなた。


今回は、男性が好きな女性のタイプを3つのパターンにカテゴライズしてご紹介!



ギャル系


外見だけで、その人の性格を判断することはできません。でも髪色が明るく、露出の高いファッションをしているいわゆる「ギャル系」


この系統の女性に対しては「軽そう」というイメージを持つ男性が多いようです。


そうしたイメージを1度持たれると「付き合いたい」女性ではなく「身体の関係を持ちたい」相手になってしまうことも。


ただし、そういった考えが当てはまるのは、外見で女性を判断する男性のみ。


その人の内面を見ることができる人であれば、そんなことはありませんが、比率的に前者のほうが多いのが現状かもしれません。


青文字系


男受けを気にせず、自分の好きなファッションを貫いているという点で、ギャル系の女性と共通しているのが「青文字系」と呼ばれるジャンル。


有名人だと、歌手の木村カエラやモデルの三戸なつめ、ファッション誌『mer』の系統。


女の子らしく、独自のこだわりを持っているのですが、やはり「モテ」には繋がりにくいジャンルでもあります。


しかし、その媚びない感じに「たまらない」となる、熱狂的な支持層も。


古着を好んで身に着け、本や音楽に興味を持つような、いわゆるサブカル男子からはモテる傾向にあるようです。


美術館や古書が置いてあるようなカフェで、デートしているカップルが想像できませんか?


赤文字系


「The モテる女子」というイメージが強いのが「赤文字系」のファッションを好む女性です。


女性ファッション誌『CanCam』の表紙を飾るような服装の女性で、女優の桐谷美玲や山本美月のような有名人が代表的。


きちんとしたオシャレを楽しみながら、男性からの「モテ」もしっかりと意識した赤文字系の女性は、間違いなく男性人気ナンバー1。


「付き合いたい人」「結婚したい人」として、男性が理想のタイプにあげる確率も高いでしょう。


ただし、男性ウケがいいジャンルではある一方、個性が乏しく、よほどの整った容姿がない限り、埋没してしまうという危険性も……。


「量産型女子」と皮肉を言われてしまわないよう、工夫が必要かもしれません。


おわりに


筆者の周りから統計をとったものなので、今回のデータに違和感があった人もいたかもしれません。


あくまでも参考のひとつとしてですが、今後どのようなタイプの男性からの「モテ」を意識してファッションを選ぶか?


そんなときに役立ててもらえたら嬉しいです。


(野瀬 研人/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ