75歳でも美肌健在!美容家の佐伯チズが教える夏の疲れを回復する簡単美容法

75歳でも美肌健在!美容家の佐伯チズが教える夏の疲れを回復する簡単美容法

9月12日放送『梅沢富美男のズバッと聞きます!』①





梅沢富美男さんが、楽屋で聞いた面白そうな噂話を、「直接ご本人に聞いてしまおう!」という、MCの特権をいかしたトークバラエティ『梅沢富美男のズバッと聞きます!』。9月12日の放送は、ゲストに、岩尾望(フットボールアワー)さん、宇佐美蘭さん、小峠英二(バイきんぐ)さん、佐伯チズさん、国生さゆりさん、本田朋子さんを迎えてお送りしました。


■著書は6ヵ国語に翻訳されバカ売れ!講演会は常にキャンセル待ち!





かつて、その美しすぎる肌と、コットンとローションだけでできる美容法で一躍大ブレイク、これまで出版した本は累計500万部以上を売り上げ、「美肌のカリスマ」と呼ばれた佐伯チズさん。しかし、ここ10年ほどテレビの世界から姿を消しており、“空白の10年”に何があったのかを探るべく番組が密着。スタジオでもお話をうかがいました。



現在75歳の佐伯さんにお会いしてみると、その美肌は健在。さらに、実は「講演会とかが多く、テレビに出られなかった」だけで、この10年間も、その人気は衰え知らずであったことが判明します。著書は6ヵ国語に翻訳されバカ売れしており、全国各地で行われる講演会も常にキャンセル待ちとのこと。



番組は、大阪で行われた講演会に密着。この日集まったのは850人、男性のお客さんも目につきます。福山雅治さんの「それがすべてさ」にのせて登場すると、会場のひとりひとりと目を合わせ挨拶、こうして全員に感謝を伝えるのが佐伯流です。2時間前に会場入りし、入念にリハーサルを行うなど、佐伯さんはとてもきっちりした性格のよう。



講演が始まると、「(自分のような)こういう肌になってほしいんです。年がなんなのよ。きれいになるのに年なんか関係ないの。きれいになりたいって気持ちを持ってほしいんです」と熱弁を振るい、自身の肌をお客さんに触らせます。これは講演会恒例の「チズ肌タッチ」。佐伯さんのもちもちのお肌に直接触れることで、お客さんにやる気を出してもらうのが狙いです。



さらに「男性は、私がハグします」と、片っ端から男性をハグ。ハグされた男性は、ニンマリしたり、真っ赤になったり、とにかくうれしそう。ハグはホルモン活性化を促し美肌効果もあるとのこと。こうして、佐伯さんはすべてのお客さんを楽しませながら、美肌について講演します。



そこで、今回は自宅でできる「佐伯式!夏の肌疲れを回復する魔法の美容法」を伝授していただきました。



クレンジング

クリームタイプのクレンジングを使用。アメリカンチェリーの大きさを目安に手に取り、指先で円を描くように右回りで温める。温めたクレンジングクリームを5ヵ所(おでこ、鼻、ほほ、あご)に塗り分け、顔全体に伸ばす。クリームを温めることで脂を浮かしやすくするといいます。



ローションパック(シワ改善など、美肌効果のある奇跡の美容法)

コットン、水、化粧水(普段使っているものでOK)を用意。コットンを水に浸し、手で押さえる程度に軽く絞る。そのコットンに化粧水をたらし、全体になじませる。コットンを3~4枚に薄く裂いていく(大判のコットンがなければ、小さい物でも代用可)。薄くなったコットンを広げて伸ばし、1枚目を顔の下側・口元に、2枚目を顔の上側・目元と鼻に貼り付ける。残りのコットンは、首やこめかみなど気になるところにはり付け、3分間パックする。さらに、この上からシャワーキャップやラップをつけると、さらに保湿力がアップ! 



スタジオで梅沢さんは「大人気でしたね。(講演会で)お肌は触らせるし、ハグはするし。あのじじい、喜んでましたね」と、佐伯さんを称賛。そんな、佐伯さんは、女性の顔を見ると「状態がわかる」ということで、サッカー宇佐美貴史選手の夫人・宇佐美蘭さんの顔を診断。「口を閉じて、ちょっと広角を上げてみて」と言って正面から顔をのぞくと「噛みグセがあるの。下がっている方が噛んでない」と、一瞬で宇佐美さんのクセを見抜きました。佐伯さんは「鏡を見ると教えてくれる。朝起きたときに鏡を見て、『下がっている方で今日は10回噛もう』って。1週間すると変わってきますから」とアドバイスすると、宇佐美さんだけでなく、スタジオ中の女性がその話に聞き入っていました。








■番組情報


『梅沢富美男のズバッと聞きます!』


<放送>



9月12日(水)22:00~22:54


【MC】



梅沢富美男


【進行】



阿部哲子


【ゲスト】



岩尾望(フットボールアワー)

宇佐美蘭

小峠英二(バイきんぐ)

佐伯チズ

国生さゆり

本田朋子



(※50音順)



カテゴリ