「自分の話」がミソ?男子学生が本命だけにする話って?

「自分の話」がミソ?男子学生が本命だけにする話って?

学生時代と社会人になってからの恋とでは、やっぱり異なるもの。特に学生時代のほうが友人関係も密接なため、周囲の目が気になって自由な恋愛ができないことがあります。



また社会人と比べて恋愛経験が少ないぶん、自分の気持ちがうまく伝えられないことも……。しかしながら、それでも好きな人のためには男性陣も頑張って会話をしているようです。


そこで今回は「男子学生が本命にだけする話」についてご紹介します。


1、属しているコミュニティの話


・「昔女友達にバイト先(飲食店)を教えたら、夕方の忙しい時間に友達10人くらいを引き連れて食べに来たことがあった。


店でも大騒ぎされるし、俺もかなり恥ずかしくて……。それ以来、個人情報は信頼できる人にしか話さないようにしています」(22歳/大学生)


学校やサークル、バイト先の話など……。


男性は自分のことをあまりしゃべらない人も多いため、こういったコミュニティの話をするのはかなり貴重なんだとか。


特にSNSが発達したことにより、関係がこじれたときに突撃される不安もあります。そう考えると個人情報を伝えるのって、結構勇気が入ることなのでしょう。


彼がプライベートな友達、バイト、家族のことを話してくれたら、心を開いてくれているサインですね。


2、子どものときの思い出


・「好きな子相手だと、『小学校のとき、リレーで転んでさ~』とかどうでもいいことまでペラペラしゃべっちゃう」(21歳/大学生)


子供の時の思い出を語るのは、男性が武勇伝を語りたくなってしまう気持ちと、少し近いのかもしれません。


「好きだからこそ、昔の俺も知ってもらいたい!」と思っているのでしょう。


彼が昔の話をし始めたら、あなたも幼少期の思い出話をしてみましょう。より密接になれるかもしれません。


3、将来の夢や悩み


・「ちゃんと就職できるのかなとは思ったりしますよね。でもそういう話って、男同士でもプライドが邪魔をしてできなかったりするし……。


その点本命相手だと、素直に悩みが打ち明けられることもありますね」(21歳/大学生)


男同士だと「アイツには負けたくない」って気持ちが強かったりするもの。


就職活動をしていても友達が順調なことを知ると、自分はうまくいっていなくてもつい見栄を張ってしまったり……。


でも本命相手だと、自分の弱さを知ってもらいたいと思うこともあるようです。


彼が弱音を吐いてきたら、的確なアドバイスをするというよりは、心が癒されるよう聞き役に徹してあげましょう。


おわりに


彼のほうから率先して自分の話をしてくれると、脈アリ度は高いのかもしれません。


気になる彼と会話するとき、友達・家族・バイトなど……プライベートな要素が入っているかどうかチェックしてみて。


彼から心を開いてもらえるよう、意識した会話ができると良さそうですね。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ