TVアニメ『 メジャーセカンド 』その14【連載】

前回『 メジャーセカンド 』第13話で描かれていた、睦子は実力があるのに守備練習でミスを連発。


夏の大会2回戦の相手が、虹ヶ丘ビートルズに決まりました。そのチームには問題点がありました。ビートルズのエース玉城は、小学生離れした長身で山なりのちょうスローボールが武器です。


そしてビートルズの監督が小森は、かつて大吾の父・吾郎とバッテリーを組んだ中で元ドルフィンズ監督でもありました。くせ者ぞろいのチームが大吾に揺さぶりをかけてきます。


このページの目次

1 睦子が選手として選ばれた!?2 懐かしの小森登場!3 2回戦目!4 TVアニメ『 メジャーセカンド 』その14感想
■睦子が選手として選ばれた!?

大吾の試合の日に同時に姉(いずみ)の試合が重なりました。薫は、娘の応援に行くことになり、さらに寿也も仕事で来られない状態だったのです。


でも大吾は、応援がなくても絶対に勝ち進んで姉を、見返してやると意気込んでいました。バスの中で監督が午前と午後の試合の説明をしました。なんと三回戦、勝ったらまたもや焼肉を奢ることになってしまった監督。


どんだけ焼肉が好きなんだよ監督!毎回勝利したら、監督が大変になりますね。頑張れ監督!(笑)


負傷していたアンディが皆の前に、現れました。怪我は大したことはないのですが念のため杖をついています。アンディが「外野ならやれるで」と言い出しましたが、卜部が今日の二試合は俺らで必ず勝つと告げました。


頼もしいですね。見ていて惚れ惚れしちゃいました。


早速監督がスタメンを発表しました。卜部を先発に、大吾を二番、光は四番、さらに睦子が九番ライトに選ばれました。ここの場面は、びっくりしました!まさかすぐ睦子を選んでくれるとは思いませんでした。


監督は、睦子がわざと失敗したことは分かっていました。永井はどうして自分が控えになったのか問いかけますが、監督は睦子には、才能があると告げました。


■懐かしの小森登場!

そして二回戦の虹ヶ丘の監督は、元ドルフィンズの監督の小森でした。小森は、小学生時代いじめられていたが、吾郎に出会い人生が変わったのです。かつて自分が所属し、監督をしておりさらに恩人の息子がいるチームは恩義があるようです。また田代監督(三船ドルフィンズ)と藤井は、高校時代に小森と戦っていました。


この時の試合は今でも覚えています。小森は、小学校時代から頭がよくて観察力があったので、手ごわい相手だったのは間違いありません。


■2回戦目!

試合が始まりましたが初回で、卜部のミスもあってたちまち得点圏にランナーを進めてしまいます。大吾もキャッチャーとして頑張りを見せます。


しかし彼は、キャッチャーとしての経験不足で、相手にすぐ見抜かれてしまいました。ミスからノーアウト二、三塁となりさらには、対応のまずさからスクイズで2点を取られてしまいました。さすがに落ち込む大吾ですが、卜部が「これから学習すればいい」「悩んでいる時間はないぞ」と大吾の背中を押します。


ここの場面は、卜部に感動しました。今まで目の敵にしていた卜部が、気持ちを切り替え、大吾を励ましている姿に誇らしく思いました。そのおかげもあって大吾は、落ち込むことなく試合を続けていきます。


さらに四番の玉城を迎えますが、彼の打った球を光がナイスプレーによってアウトを取りました。


光も動きたくて仕方がなかったようです。小森は光の運動神経を見抜き、彼が一番の強敵だと判断していました。


また。祖父母(英毅、桃子)は、亡き親友のお墓参りのことを思い出しつつ、大吾が野球に戻ってくれたことを喜んでいました。一方で相手のエース玉城のスローボールでたちまち一番抑え、大吾の打席となりますが…


果たしてどうなるのでしょうか。気になるところですよね!


■TVアニメ『 メジャーセカンド 』その14感想

新オープニングテーマ曲、主題歌が変わっていたのに皆さんお気づきになりましたか?今回の曲もいい曲ですよね。お聞きになられてない方は、是非聞いてみてください。


今回は早くも、2回戦でしたね。皆緊張しながらの試合でした。睦子は、選手として選ばれるし光は四番だし、すごい物語になってきましたね。でも試合は、2点は取られるわ打たれるわで、なかなか相手を抑えることができないままスタートした三船ドルフィンズ。


しかも、アンディと違って大吾は、経験不足で連係プレイがなかなか取れずに居ました。ミスが何回かあり、落ち込んでいましたが卜部が励ましてくれ前向きに試合を続けました。


驚いたのは、小森ですね。田代はあまり変わっていないのにたいし、小森が急に老けていたのでビックリしました!


昔に比べ、データー分析力が格段にバージョンアップしているように感じました。高校時代小森は、吾郎と戦った時も、強かったですしね。でも吾郎には、なかなか勝てなかった小森です。


そして次回は、どんな試合展開を見せてくれるのでしょうか?


文章:kyouei‐薔薇


メジャーセカンド 感想 のまとめ





(あにぶ編集部/あにぶ編集部)
カテゴリ