彼が大好きだけど…別れを選んだ方がいい状況とは

彼が大好きだけど…別れを選んだ方がいい状況とは

大好きな相手とは、できればずっと一緒にいたいと思うものですよね?


でもさまざまな理由から、彼のことが大好きだけど別れを決意した経験のある女子もいます。


今回は「彼のことが大好きだけど、別れなければならなかった」という3つのシチュエーションを見てみましょう。


彼氏と現在ラブラブのあなたにも、彼氏募集中のあなたにも、参考になる点があるかもしれませんよ。



一緒にいることが自分のためにならないと思った


大好きなのに彼女から別れを切りだした理由としてよく耳にするのは


「彼と一緒にいることが、自分のためにならないと思ったから」というもの。


どのように「自分のためにならないと思った」か、理由はいろいろありますが、若い女性にもっともありがちなのが

「彼のことが好きすぎて、受験前に勉強が手につかず別れた」


「恋愛より、まずは仕事を頑張らなくてはいけない時期だったから」


など、恋愛より優先すべきことができて別れを決断した、という理由です。


しかしこれらは、結婚も視野に入れての交際を考えるアラサー以上の女性から見ると、かなり不思議な考え方。


彼のことが好きすぎて私生活に影響が出てしまうくらい恋愛にのめりこんでしまっては、その先恋愛や結婚をするのは難しいのではないでしょうか?


「大切な人がいるから頑張れる」へと、発想を転換させることが大切。


結婚が考えられないから


また「結婚はあり得ない相手だから別れた」という理由も、よく耳にします。


「相手が(自分との)結婚に乗り気になってくれなかった」「相手が既婚者で結婚できなかった」


と、大きく2つのパターンがあるようですね。


筆者の場合、以前彼氏に「結婚」の話をする度異常な拒否反応を示され、ある日突然別れを切り出された……と言う経験があります。


この彼の場合、その数年後にFacebookを見たら「すでに結婚して子供が生まれていた」という投稿が見つかり、結婚そのものに拒否反応を示していたのではなく、筆者との結婚が考えられなかったのだと判明しました。


しかし中には、結婚自体がイヤ!という男性もいるかもしれません。


その他に

「両親に結婚を大反対されて仕方なく別れた」

「彼のことは大好きだけど、結婚相手としては違うと気付き別れることにした」

という声もあります。


筆者の場合は10年来の知人かつお互いの職業・環境を理解し合っているパートナーと結婚を考えるようになりました。


しかし「彼氏に求めるのは自分への愛情、結婚相手に求めるのは経済力」と明確に決めている女子もいるそうです。


その場合、別れを選んでもやむを得ないのかもしれませんね。


好きだけど、問題のある相手だった


どんな人にも、1つや2つの問題点はあるものです。


それにいちいち目くじらを立てていたら、いつまでたっても恋愛はできないでしょう。


しかし、ものすごく好きな彼氏に「あまりにも見逃せない問題」があった場合は、さすがに別れを選択せざるを得ない場合もあります。


例えば

「DV・モラハラ癖がある」「収まらない浮気性」「ギャンブル依存症」「金銭的にだらしない・浪費癖がある」など。


「彼氏にさんざん貢がされて、もうお金がないと言ったら音信不通になった」というケースもあります。


このような男性と別れられずにズルズルと続いてしまった場合、あなた自身が想像を絶する不幸に見舞われることになります。


よく耳にする例は「ホストに貢がされ続けたあげく風俗落ち」「DVを受け続けて心を病んだ」など、かなり悲惨です。


そんなことにならないように、何かおかしい!と思ったらキッパリと見切りをつけることも大切です。


*****


いかがでしたでしょうか?


「恋愛と結婚は別」とよく言われますが、どんなに大好きな相手でも別れざるを得ない場合があります。


今回ご紹介した中には少し極端なケースもありましたが、別れを決意した結果の未来が明るければ、その時の苦しみは決してムダになりません。


ぜひ参考にしてみてくださいね。


(Nona/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ