山下健二郎×本仮屋ユイカ「恋愛っていいな」と思ってもらえたら

山下健二郎×本仮屋ユイカ「恋愛っていいな」と思ってもらえたら

『Love or Not2』10月5日~配信スタート





フジテレビとdTVがタッグを組んだ共同製作ドラマとして、山下健二郎さん(三代目J Soul Brothers)がドラマ初主演を務めた『Love or Not』の続編『Love or Not2』が10月5日(金)からFODとdTVで同時配信されます。



互いに初恋相手だった宇佐美幸助(山下健二郎さん)と広澤真子(本仮屋ユイカさん)が紆余曲折ありながら結ばれた前作から、今作では同棲中のふたり。幸助は真子にプロポーズしようと意気込むも、先に彼女から別れを告げられてしまい大ピンチ!そんな崖っぷち男が愛を取り戻すまでを描く逆転ラブコメディです。



パート2だけに息もぴったりの山下さんとヒロインの本仮屋さんに話を聞きました。


――続編制作決定を聞いた時の率直な感想は?


山下)『Love or Not』が初主演ということで、僕にとってはすごく大切な作品となって、そのパート2ができるということで、率直にうれしかったですし、またこのメンバーで集まって撮影できるというのをとても楽しみにしていました。


本仮屋)すっごくうれしかったです。前作の撮影をしている時から、健二郎さんは、「続編やろうよ!」って、言ってくださっていて、座長がそれだけ思い入れがあって、声に出してくれたというのがうれしかったし、自分たちのなかで「いいものができたよね」っていう手応えが、見ている人たちにも届いていたという喜びと、私自身も広澤真子という役がすごく好きだったので、また演じられることが、本当に幸せだな、と思いました。


――前作との違いや、意識したことはありますか?


本仮屋)前作は、お付き合いしたところで終わっていて、今回は同棲して1年くらい経っているふたりなので、一緒に住んでいるからこそ信頼しあえているとか、甘えあえているとか、ふたりの生活感が出るような雰囲気が第1話で出たらいいな、と思って、そこは意識しました。


山下)パート2になって、幸助が任される仕事内容や、海外赴任の話など、1よりもすごく大人になって、30代は仕事に追われる中でみんな恋愛もしたいし、そういう心情は納得できる部分があったので、そこを意識しながら役を作っていきました。





――1年3カ月ぶりの再共演でお互いに変わったな、と思うところは?


山下)まったくないです!(変わらずに)ユイカちゃんって感じ。ごめんなさいね(笑)。



本仮屋)あははは!何か、勝手にですけど、より仲良くなれている気がして。



山下)それはそうだよね。



本仮屋)やっぱり、気心知れてるから、「久しぶり~」の言葉だけですごくうれしくて。

これはいい撮影になるなって。その瞬間すごく思いました。



山下)どんどん仲良くなるっていうのは、確かにあったかもしれませんね。


――山下さんが感じる幸助との共通点はありますか?


山下)1の時の幸助ってもっと抜けてたんですよ。2では、少し大人になって任される仕事内容や、責任感、後輩を背負ってる部分など、自分に共通する点が多いです。自分自身、グループ活動をやらせてもらっていて、ついこの間までは、すごく勢いよくやっていた自分がいたんですけれど、振り返ると後輩もたくさんできて、考え方やグループも成熟しつつあって、見せ方も変えていったりとか、それを経験したからこそ、いろいろな意見が出る、みたいな感じなんですが、そういう部分は、共通していると思います。職種は全然違いますけど、すごくリンクしますよね。


――本仮屋さんから見てもそういう印象ですか?


本仮屋)幸助の熱さ、真っすぐさは、健二郎さんの持つ、そのままの大らかさ、優しさが詰まっています。「それいいじゃん」とか「よかったね」っていうポジティブなワードに、1点の曇りもないんですよね。その愛情深さって、健ちゃんの持つそのままなので、こんなふうにポジティブなパワーを相手に惜しむことなく渡せる人って本当に素敵だなと思って。そこは健ちゃんの良さが幸助に入っている感じです。



山下)ああ、それはうれしいですね。


――逆に本仮屋さんと真子の共通点についてはどうですか?


山下)似てる部分から言うと、すごく思いやりがあって、結局、その人のことを思って行動するっていう部分は、ユイカちゃんと似ているなって感じましたね。まったく違うなっていうのは、ユイカちゃんは思ったことをすぐに口に出すタイプなので、確実に本来のユイカちゃんだったら(真子が言わないことも)、絶対に幸助に言うだろうな、と思います。


――細田善彦さん、佐津川愛美さんなど、新キャストとの共演は?


山下)おふたりが入ってきてくれたことによって、より一層、このドラマが良くなったと思っていて、本当におふたりには感謝しかないです。やっぱり違うテイストが入ることによって、一層深みが増すし、細田くんと佐津川さん、さっつんって呼んでるんですけどドラマもたくさん出ていらっしゃるし、現場も慣れているし、頼りになりました。自分が主演でやるときって、周りの支えがどうしても必要なので、ふたりがいろいろ考えて「こうしましょう」「ああしましょう」と言ってくれることによって、すごくスムーズに撮影が進んだことに感謝しています。さっつんには、よく笑わせてもらいましたね。面白かったです。





――このドラマによって自身の結婚観、恋愛観が変化した部分はありますか?


山下)もともと結婚願望もあるし、さほど変わらなかったのかな、とは思いますけど、あらためて恋愛の良さに、気づかされた部分が大きかったのかな、と思います。こういう仕事は波がありますし、もし今後、いい人が見つかったら結婚したいので、いい恋愛ができたらな、とは思いました。



本仮屋)私は撮影中よりも、出来上がった2を見て、「結婚ってちょっといいかもしれない」と思うようになりました。それまで全然結婚願望がなかったので。あと、同棲しているお芝居は初めてだったのですごく楽しくて、それは今後の人生に大いに役立つと思いました。


――では最後に作品の魅力をお願いします。


山下)「Love or Not」って、90年代頃にやっていたような、恋愛ドラマを思わせるような、真っすぐでストレートなドラマなので、この時代だからこそやるべきだと思っています。今の若い子たちって、結構、恋愛は面倒くさいと思っていますけど、これだけいいことがあるんだよ、と伝えられる作品なのかなって。特に、そういう若い世代に見てほしいなと思います。





■番組情報


FOD×dTV共同制作ドラマ『Love or Not 2』


<配信>



10月5日より配信スタート!


<出演者・スタッフ>



脚本:ますもとたくや

出演:山下健二郎(三代目 J Soul Brothers)、本仮屋ユイカ、町田啓太、浅見れいな、八木将康、水沢エレナ、佐津川愛美、細田善彦 他





カテゴリ