『SUITS/スーツ』記者会見を開催!

『SUITS/スーツ』記者会見を開催!

10月8日(月)スタート





豪華キャストが勢ぞろい!記者会見を開催!


10月8日(月)からスタートする月9ドラマ『SUITS/スーツ』の記者会見が、フジテレビ湾岸スタジオで行われました。記者会見には、主演の織田裕二さん、中島裕翔さん、新木優子さん、中村アンさん、小手伸也さん、鈴木保奈美さんといった豪華キャスト陣が登場! まずは、登壇者のごあいさつです。


主人公・甲斐正午(かい・しょうご)を演じる織田さん

「最近、頭の良い役が続いていまして、頭が痛いです。原作を見させていただいて、本当に素晴らしい作品で、僕自身もファンになったんですけれども、米国に負けないように、日本の良いところを出せれば良いなと思っております」 


甲斐のバディである、鈴木大貴(すずき・だいき)を演じる中島さん

「完全記憶能力がある役なので、自己紹介文を完璧に覚えてきました! 明晰(めいせき)な頭脳と、一度見たものは決して忘れない驚異的完全記憶能力をもつが、悪友の影響で、その日暮らしのフリーター生活を送っていたものの、甲斐と出会い弁護士として働くことになる鈴木大貴を演じます、中島裕翔です。原作も見ていて、まさか自分にこの役が来ると思ってなかったので、プレッシャーや不安もありますが、“これはチャレンジなことだから”とポジティブにとらえています」


優秀なパラリーガル・聖澤真琴(ひじりさわ・まこと)を演じる新木さん

「私も原作が大好きで、この作品に参加させていただけることをうれしく思っています。今日はその魅力をたくさん伝えて、たくさんの方に見ていただける作品にしたいなと思います」


甲斐の秘書を務める玉井伽耶子(たまい・かやこ)を演じる中村さん

「織田さんの秘書役ということで、ウィキペディアによると、織田さんの好きな食べ物は“メロン”と“ソーセージ”とのことですが、秘書として訂正させていただきますと、織田さんの好きな食べ物は“お寿司”です。これからは“お寿司”ということでお願いいたします」


甲斐のライバルである蟹江貢(かにえ・みつぐ)を演じる小手さん

「この度、蟹江貢役を演じさせていただくことになりました小手伸也と申します。フジテレビでは、今年4月の月9ドラマで起用していただいて、1クールおいてまた呼ばれるということで、フジテレビさんが僕を食わせてくれるのかなという(笑)。大型新人44歳です(笑)」


甲斐たちの上司・幸村チカ(ゆきむら・ちか)を演じる鈴木さん

「ダイジェスト版をいま裏で見まして、なんだかすごくおもしろそうだと思いました。来週から月曜9時が大変楽しみです」





司会のフジテレビアナウンサー笠井信輔から、原作を見た感想や原作として先に映像が存在することについて質問されると…


織田さん

「本当に素晴らしいお手本があって、僕も見ていて“もうこれ(原作)でいいじゃないか”というくらい、ツッコミどころがなく、素晴らしいです。でも、やっていくとやっぱり全く別物なんですね」


中島さん

「原作を見返しながら、トレースできるところは雰囲気をいただいて、でも日本人がやるからには、100%真似する必要はないと思っています。二人がどうやって解決していくのか…、家族がどうなっていくのか…、“弁護士ドラマだけどエンターテインメント”だと思っています。完全記憶能力の役は、自分に担えるのか心配だったんですけど、いまは必死に練習しています」


新木さん

「私は韓国版の『SUITS』の方も見させていただいたんですけれど、アメリカ版も日本版もそうですが、会話のキャッチボールがすごく面白くて気持ちいいんですね。どんどん会話がテンポ良く進むんですが、どういう状況なのか、何をやっているのかが頭にちゃんと入ってくるんです。会話のやりとりがキーポイントになっている作品だと思うので、私もそこをすごく意識してやっています」

(メーガン妃と同じ役どころについて)

「本国の『SUITS』のプロデューサーにお会いしたときも、“ああ、王女になる方だね”と言われて、“あ、頑張ります!”と答えたんですけど、本当にとんでもなくて(笑)」


中村さん

「米国のフランクな感じだったり、先輩だけど壁がないような感じを、日本版でどう表現するのか…。文化が違うので、どう見せるのかそこは難しいです。不安になると原作を見たりもしています。月9ドラマでも放送されることが発表されたときに、サラさんがインスタグラムをフォローしてくれて、鳥肌が立ちました。サラさんが気にしてくださっていることに感動して、励みになっています」


小手さん

「いかにリスペクトしながら僕らしさを出せるのかという部分が肝だと思っています。そもそも何で僕がこんなすごい役を急にいただいたのかな…。プロデューサーの方は、“やっぱり顔だね~”とおっしゃっていました(笑)。あと顔合わせの時ですけれど、本国のプロデューサーの方が2名ほどいらっしゃって、入ってきた瞬間“ルイスが来た!”って言ってくれたんです。それが大変光栄でした!」


鈴木さん

「映画やドラマを見るのが好きで、その世界に恋い焦がれてしまうんですが、今回もこういう形でまるであり得なかった夢がかない、“本当にこの世界に入ることができるんだ”という感じで、とてもうれしく、お話をいただきました。ただ第一希望はレイチェルだったんですけど(笑)、全力でチカを演じさせていただきます。オリジナル版の方は背の大きい方なので、なんとかしてあの迫力を醸し出せないかと日々模索しております」





織田さんと中島さんは、初共演されてのお互いの印象を聞かれると…


織田さん

「とてもしっかりしていて、お兄ちゃんっぽいんですよ。僕が忘れかけていたセリフですら、彼はちゃんと覚えていてくれているし。こうじゃないですかって横でサポートしてくれます。でも、“ええ?”と思うくらいに抜けていて、大丈夫かなと思うときもあって、そのギャップがまさに大貴だなって思いました」


中島さん

「大ヒットの要の俳優さんだと思っていたので、バディとしてやっていけるか不安だったんですけど、衣装合わせで初めてお会いした時に、“よろしく!”と気さくに握手してくれて、さわやかだなと思いました。もちろん厳しい一面もありますし、アドバイスもしてくださいます。バディの空気を作りたいという織田さんの気持ちがうれしかったです」





織田さんと鈴木さんは、『東京ラブストーリー』(1991年1月期・フジテレビ系)以来、27年ぶりの共演について感想を聞かれると…


織田さん

「あっという間と言えばあっという間だし、変わってないと思いました」


鈴木さん

「当時は本当に自分のことで精一杯で、リカとしてカンチを見るので精一杯で、織田さんという俳優さんをちゃんと見ていなかったなって思うんですね。そのうち刑事とかいろんな織田さんを見ているうちに、“私もったいないことしたな”という気持ちが長いことありまして。今回は、織田裕二をじっくり見てやろうと思っています」





『東京ラブストーリー』再放送については…


織田さん

「僕は、録画して全部見ました」


鈴木さん

「控え室にある大きなモニターで、セットの中で撮影している様子をメイクさんたちが見ているじゃないですか。でもリモコン一つで、20数年前の“東京ラブストーリー”が映って、切り替えられるという。その回の放送が終わるまで私はセットから出られませんでした(笑)」





記者から“他人に負けないところ”を聞かれると…


織田さん

「唯一覚えているのは幼稚園のときの色の黒さですね。もう夏休み終わると、色の黒さは負けず知らずで何年か過ごしていました(笑)」


中島さん

「人の名前を覚えるのが得意です。スタッフさんたちの名前も台本に書いてある名簿をみて覚えて、“照明さん”とかじゃなくきちんと名前で呼びたいと思っています」


新木さん

「最近よくメイクさんに褒めていただくことが多いのですが、まつげの長さは負けないかな(笑)」


小手さん

「ちょっと待って下さい! まつげの長さだったら僕だって負けません。あとは、ディスニーキャラクターに似ていると言われます! 欧米のアニメキャラクターは大体、俺になっています(笑)」


中村さん

「好きになったら一途です。お酒だったらハイボールが好きで、ハイボール好きでは負けたくないです!」


鈴木さん

「結構クイズが好きで、漢検2級を取りました。クイズ番組を見ていて、やくみつるさんとか伊集院光さんに勝つと、かなりうれしいです(笑)」





会見の最後、キャストを代表して織田さんから視聴者のみなさんへメッセージが送られました。


「全身全霊をかけて楽しむということをやっています。その結果が月曜9時にちゃんと映っていると思います。昨日も、またここにいる人だけじゃなくて、いろんな人がゲストとして出演して下さっています。家族がどんどん増えていく話です。もう、あんな人、こんな人がいきなりある話に現れてきたりとか、そういう何が起こるか分からないドラマですので、是非この先、スーツを一話たりとも見逃さずにご覧いただければ絶対に損はさせないと思います。今日は本当にありがとうございました」


タイトル



『SUITS/スーツ』


放送日時



10月8日(月)スタート

毎週(月)午後9時~午後9時54分

※初回は、30分拡大(午後9時~10時24分)


出演者



織田裕二 中島裕翔 新木優子 中村アン 磯村勇斗 今田美桜 / 小手伸也 鈴木保奈美




カテゴリ