全米大ヒットドラマが原作!痛快弁護士ドラマ!

全米大ヒットドラマが原作!痛快弁護士ドラマ!

10月8日(月)放送あらすじ


■SUITS/スーツ 第1話





甲斐正午(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』に所属する敏腕弁護士。東大入学後にハーバード大学に留学した経歴を持つ甲斐は、企業の買収・合併や、企業間の戦略的提携など、金になる仕事を手がけている。だが、かなり傲慢な性格で、勝つためなら違法行為ギリギリの際どい手段を用いることもあった。



『幸村・上杉法律事務所』は、幸村チカ(鈴木保奈美)が代表弁護士を務める、日本四大弁護士事務所のひとつだった。敏腕弁護士を父に持つ有能なパラリーガル・聖澤真琴(新木優子)、頭脳明晰で人心掌握術にも長けた甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)、ハーバード大学のロースクール出身で甲斐をライバル視している弁護士・蟹江貢(小手伸也)らが働いている。





AIビジネスで成功したダイス・スズキ(清原翔)は、解雇した元社員からパワハラで告発され、担当弁護士の甲斐に週刊誌の記事差し止めを求めていた。しかし、チカたちは肝心の甲斐に連絡が取れずに困り果てる。



そのころ甲斐は、ダイスを告発しようとしている被害者・梅宮茜(泉里香)を誘ってとオペラを観に行っていた。甲斐の狙いは茜のパソコン。開演直前に席を外した甲斐は、預けておいた茜のバッグを持ち出す。だが、彼女のパソコンの複雑なパスワードを解読することはできなかった。事務所に戻った甲斐は、茜がダイスのライバル会社・AIトラストと交わしたとされるメールを捏造し、彼女がスパイ行為を行った上、ダイスのスキャンダルをでっち上げようとしたと主張。さらに、茜の弁護士・木次谷公一(橋本さとし)がAIトラストの顧問弁護士であることからスパイ行為の共謀だと非難し、記事の差し止め要求を飲ませる。





事務所の稼ぎ頭である甲斐は、出資者としての地位を持ち、経営にも参画するシニアパートナーへの昇格を狙っていた。チカは、そんな甲斐に、昇格の条件としてパートナーとして働く若手の弁護士“アソシエイト”を雇うよう命じる。気乗りしないものの、その条件を受け入れた甲斐は、新人採用の面接会を開く。そこに偶然やってきたのが、悪友・谷元遊星(磯村勇斗)の影響でその日暮らしのフリーター生活を送り、さまざまな業種の替え玉受験にも手を染めていた鈴木大貴(中島裕翔)だった。



大貴は、幼いころに両親を交通事故で亡くし、祖母の結衣(田島令子)に育てられた。結衣が骨折したという知らせを受けた大貴は、彼女を介護施設に入れるための資金を手に入れるために遊星が持ちかけた儲け話に乗り、とあるホテルまでアタッシュケースを届けに行く。実はそのアタッシュケースの中身は3000万円もの現金だった。遊星は、かき集めた金で違法薬物の取引をしようとしていたのだ。しかし、実はその取引は警察のおとり捜査だった。取引直前にそれに気づいた大貴は、捜査員たちに追跡されるが、同じホテルで甲斐が行っていたアソシエイトの面接に紛れ込んで難を逃れる。





事情を知った甲斐は、大貴に興味を抱く。大貴は、六法全書をたった2回読んだだけでそのすべてを記憶するほどの頭脳の持ち主で、高校2年生のときに司法予備試験に合格していた。だが、ある先輩の替え玉としてセンター試験を受験したことがバレて本試験の受験資格を失っていた。

大貴の採用を決意した甲斐は、悪友との関係を清算するよう命じると、ある人物に成りすますよう指示した。それは、ハーバード大学のロースクールを出て弁護士になったにもかかわらず、そのキャリアを捨てて企業家に転身した人物――ダイス・スズキこと鈴木大輔だった。ダイスはシンガポール在住だが、いまも関西弁護士会に所属していた。



大貴は、家庭裁判所を訪れて「大輔」への改名を申請すると、ダイスに関する資料をすべて暗記する。さらに大貴は、ダイスの生まれ故郷はもちろん、彼が入学した東京大学、ハーバード大学を訪れる。甲斐は、そんな大貴に、これまでの犯罪歴をまとめておくよう指示した。





初出社の日、大輔は、真琴に出迎えられ、事務所を案内される。ところが、思わぬ事態が起きる。木次谷が、甲斐のメール捏造に気づいたというのだ。甲斐は、探偵事務所の井能昌文(濱津隆之)に木次谷の調査を依頼し、突破口を見つけようとする。そして大輔には、これ以上リスクを抱えることができなくなった、といって解雇を告げる。



やけ酒を飲み、ふらふらになりながら歩いていた大輔の前に遊星が現れる。金を返してほしいと迫る遊星とケンカになる大輔。そこで大輔は、金は捨てたと告げ、遊星に頼まれて替え玉受験をやったことが原因で弁護士になる道を断たれてから自分の時間はずっと止まったままだ、と告げ、もう自分のことは放っておいてほしい、と言い放つ。



甲斐は、井能から木次谷の弱みを見つけられなかったとの報告を受ける。しかし、木次谷の家族にはネタがあるという。それは大輔に関係したものだった。



大輔のマンションを訪れた甲斐は、彼を引き連れて木次谷の家を訪れる。大輔は、木次谷の息子・真之介(大和孔太)に頼まれて、代わりに司法予備試験を受けていたのだ。事情を知った木次谷は青ざめた。





木次谷が被害主張を撤回したと知ったダイスは、シンガポールへと戻ることになった。ダイスは、シンガポールの永住権を取るつもりだという。見送りに行った甲斐は、折角の弁護士資格を遊ばせておくのはもったいない、と言ってダイスにある相談を持ちかけた。



チカは、大輔とともに無料法律相談会=プロボノに参加するよう甲斐に指示する。断ったら昇進はない、と言われた甲斐は、渋々従うしかなかった。そんな甲斐に、チカは、司法記者が、最高検の次長検事・柳慎次(國村隼)の汚職を追っているらしいという情報を伝える。柳は、検事時代の甲斐の上司だった……。


■番組情報


<タイトル>



『SUITS/スーツ』


<放送日時>



毎週月曜21時~21時54分 ※10月8日:21時~22時24分


<出演者>



織田裕二 中島裕翔 新木優子 中村アン 磯村勇人 今田美桜 /國村隼/ 田島令子   小手伸也 鈴木保奈美




カテゴリ