夏より秋が好きですか?好きな季節から見る深層心理

夏より秋が好きですか?好きな季節から見る深層心理

日本の季節は、春夏秋冬と巡ります。


梅雨も入れると四季ではなく五季だ、と感じている人もいるようですが……。


日本の気候はそれだけさまざまである、と言えるでしょう。


あなたは、その中でどの季節が一番好きですか?


実は、好む季節によって、ある程度の性格を分析することができるんです。


今回は好きな季節からみる深層心理をご紹介しましょう。



1:新緑の芽吹く春


春はうららかな陽気が気持ちよく、新緑が芽吹く季節。


桜が象徴するように、出会いと別れの季節でもあります。そんな春が好きという人は明るく好奇心旺盛な人でしょう。


楽しいことが大好きでアクティブな傾向があります。


そんな春好きな人は恋愛にも積極的。


好奇心のおもむくままに出会いを楽しめる人でしょう。


楽天的で素直な性格をしていることから、あまり失恋を引きずらない傾向があるそう。


落ち着く恋愛というよりも楽しい恋愛を好む人かもしれません。


2:爽やかな夏


夏はプールや海といったマリンスポーツの季節となります。


また、夏休みに象徴されるようにバカンスのイメージも強くありますよね。


解放的な季節でもあり、大胆でおおらかな性格をしている人が好む季節。


快楽主義者も多いことでしょう。


夏を好む人は『ひと夏の恋』というように一気に燃え上がるようなロマンチックな恋愛を好みますが、長くは続かないかもしれません。


熱しやすく冷めやすいのが特徴的で、嫌な事からは逃げがちになる逃避癖があることも。


話し合って問題を解決しようとする姿勢を大事にしてください。


3:紅葉の秋


紅葉に象徴されるように、季節の移ろいが美しい季節。


開放的な夏が終わり、寒い冬に移り変わる間の季節であるためか秋には哀愁が漂います。


この季節に人恋しくなる人も、多くいることでしょう。


そんな秋が好きという人は情緒豊かで芸術を楽しむことのできる感性の持ち主である傾向が強いでしょう。


人見知りだけど、話してみるとすごく情熱的で繊細な人である可能性が高い。


流行に敏感でおしゃれが好きですが、恋愛になるとしっかりと相手の内面をみる慎重な部分もあります。


見た目の派手さよりも、深みのある性格を好む傾向があるといえるでしょう。


4:空気の澄んだ冬


木は葉を落とし、荒涼とした風景はさらなる寒さを感じさせる冬。


しかし外に出てみると空気は澄んでいて自然の力強さを感じる日もあるでしょう。


クリスマスなどのイベントも多く、街はイルミネーションで飾り付けられるために恋愛の季節ともいえます。


そんな冬が好きな人はコツコツとした努力家タイプで、一人になることをそれ程苦にしない傾向あり。


その集中力の高さが恋愛に向けられると、一気にのめりこんでいきます。


夏が好きな人とは違って重い恋愛をしてしまいがち。


恋愛を楽しむことを意識すると上手くいくかもしれません。


まとめ


いかがでしたか?


今回は好きな季節からみる深層心理をご紹介しました。自分には当てはまっていたでしょうか?


気になる男性に「好きな季節ってある?」といった感じで質問してみるのも、面白いですね。


冬が好きな人と夏が好きな人は相性が悪いですが、一度くっつくと離れないという傾向があったりします。


春は夏と、秋は冬が好きな人と相性が良いようです。


ご参考までに。


(草薙つむぐ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ