浅田舞へ 死の直前母が遺した「ごめんね」の意味とは…

浅田舞へ 死の直前母が遺した「ごめんね」の意味とは…

10月16日(火)放送 『木村藤子のキセキ相談SP ~もう一度あなたに逢いたい~』





浅田舞へ 死の直前母が遺した「ごめんね」の意味とは…


数々の芸能人の未来を的中させ話題となった“スピリチュアルメッセンジャー”木村藤子さんが、5年ぶりにテレビに出演! 数々の出演オファーを受けながらも、「もう二度とテレビには出ない」と宣言していた木村さんでしたが、「最後にもう一度だけ、人助けのために…」と立ち上がったのが、今回の『木村藤子のキセキ相談SP ~もう一度あなたに逢いたい~』です。木村さんは、ある日突然命を絶たれた方たちの生前の想いを、その方たちがのこした愛用品や写真、映像から読み取っていくと言います。愛する人を失った人たちへ、彼女の協力のもと、生前伝えられなかった想いを届ける、感動と奇跡の再会2時間スペシャルです。今回、番組の企画に賛同し出演を決めたのが、元フィギュアスケート選手の浅田舞さんと、ロックシンガーのダイアモンド✡ユカイさん、そして交通事故で愛する我が娘を失った方。


「浅田舞さんが想いを知りたいのは、2011年に肝硬変で亡くなった母親」

現在、タレントやスポーツキャスターとして活躍されている浅田舞さんが、フィギュアスケートを始めたのは、小学校2年生の時。妹・真央さんとふたりでスタートしたフィギュア人生を全面的に支えたのが、母・匡子さんでした。何カ所もの練習場を回るため自ら運転をし、練習と練習の合間は車中で寝泊まりをするなど、自分の時間の全てを娘二人に注いでくれた母。しかし、あまりにも熱心すぎる教育に、舞さんは疑問を抱き始めます。さらに、妹・真央さんがフィギュアスケート界で頭角を現してきたことに対し、姉として嫉妬心が募っていきました。そんな舞さんは、次第に自分の居場所が分からなくなり、フィギュアスケートからは遠ざかり、母・匡子さん、そして妹の真央さんとも距離ができていきました。そして、2011年末、予期していなかった母・匡子さんとの別れ…。あまりにも突然すぎた母の死に、舞さんは整理のつかない感情を持ち続けることになりました。


今回、舞さんはこの番組の出演を悩んだと言います。しかし、母は、どんな思いでこの世を去ったのか…? 自分のことをどう思っていたのか…? そして、亡くなる直前に言われた「ごめんね」の意味は何だったのか…? その本当に意味を知るために、これまで封印していた心の闇をテレビで初めて打ち明け、木村さんと共に思い出の地を訪れながら、母の想いを聞き出します。時に涙しながら、それでも母の想いを受け止める舞さんのたくましい姿をご覧下さい。





浅田舞さんからコメント


◆お母さんの生前の想いを聞いて?

「とてもホッとしています。最初は自分のどこかで、母の本音や思っていたことを聞くのが怖い気がしていたんですけど、今はすごく安心しました。私の場合は、幼い頃から母との“親と娘の時間”がフィギュアスケートそのものだったので、本音でぶつかって話をしたことがないんですよね。だから、悩みとか、わだかまりがあったまま今日を迎えたので、初めは先生から“どんなこと言われるんだろう?”とか“悲しい気持ちになるかもしれない…”と、悪いことをしたわけではないのに、そんな不安な気持ちばかりでした。でも、先生の話を聞いて、これまで抱えていたわだかまりとか、悲しみとかの感情はここで置いて、これから歩んでいけそうだなって思えることができました。そんな温かい気持ちにさせていただきました」


◆印象的だったところは?

「これまで公言してこなかった母の厳しさなどを、先生がさらっと話されるところにドキッとしました。あとすごくうれしかったのが、私はあまり人付き合いをしないタイプなんですが、母もそうだったと木村さんに聞けたことです。“やっぱり私にもお母さんと似ている部分があるんだ”ってなんだかうれしくなりました」


◆今回この番組に出演した理由は?

「お話をいただいたとき、とてもご縁を感じました。ただ同時に、勇気がいることだとも思いました。私の人生と母の人生を語るにあたっては、必ず妹の真央も付いてくるわけで、自分のことだけではないんだと思うと、悩んだりもしました。それでも、母に聞いてみたいこと、そして伝えたいことがあったからです」


◆木村さんと会えて?

「とてもすっきりしました。母のことはもちろんなんですが、実は自分の中でも悩んでいる部分があって、それをしゃべる勇気がこれまでなかったんです。でも、木村さんはそんなことも私が話す前から、さらっと話してくれるので、そこまでネガティブにコンプレックスに感じなくていいんだって思えました。母のことだけでなく、自分のことも分かったので、前に進めるきっかけになったと思います」


◆真央さんとの今は?

「私たちの青春時代は全てフィギュアスケートで、しばらくお話しをしない時期もありました。今となっては、だんだん絆も深まっているんですけど、それでもなかなか母のことを二人でゆっくり話すこともなかったので、今回のことは妹にも話すつもりです。妹からも“収録が終わったらすぐに連絡して!”と言われているんです。でも、今日先生から聞いたことは、一旦自分の中で整理して、しんみりとひとりで考えたいなとも思っています。ただ、こんなふうに妹と、母について話す機会を、木村さんとそして私たちの母が与えてくれたんだろうなって今は感じています」





ダイアモンド✡ユカイさんの逢いたい人は、50代で急逝した親友


ユカイさんが音楽の道で生きていくか悩んだ時に、背中を押してくれた恩人。しかしその後、彼は病気で引きこもりがちとなり、急性肝炎で急逝してしまいます。亡くなる直前「ユカイさんだけは葬儀に呼んでいいよ」と告げていたといいます。あの時、音楽の道へ誘っていれば彼は亡くならずに済んだのか…? 晩年の彼の本心をたずねます。





5年ぶりに緊急出演した木村藤子さん


◆木村藤子さんとは

1947年、青森県下北郡田名部生まれ。本人いわく30代の時、神の声を聞き、霊視・透視能力を授かったという。1990年、地元のデパートから「は虫類ショー」のニシキヘビが逃げたとき、その所在を言い当て全国にその名が知れ渡り、“青森の神様”“ヘビの神様”と言われるきっかけとなった。その後、数々の芸能人の未来を的中させ話題沸騰。『木村藤子のキセキの相談 美女たちのターニングポイント』などのスペシャル番組で高視聴率を獲得。今回は亡くなられた方がのこした愛用品、写真、映像から生前の想いを読み取っていく。


タイトル



『木村藤子のキセキ相談SP ~もう一度あなたに逢いたい~』


放送日時



10月16日(木)19時~21時


出演者



【出演者】

木村藤子

浅田 舞

ダイアモンド✡ユカイ

ほか


カテゴリ