TVアニメ『 ハイスコアガール 』第9話「ROUND9」【感想コラム】

TVアニメ『 ハイスコアガール 』第9話「ROUND9」【感想コラム】

TVアニメ『 ハイスコアガール 』第8話では、あの頃の因縁に決着をつける。ハルオは大野に対して想いを爆発していましたね。後、あの指輪で筆者は涙が流れました。


今回は、思いがすれ違って苦しんでいた、ハルオと大野です。でも、修学旅行の時に激しく殴り合いのケンカをしたことで、お互いの気持ちが幾分わかるようになり、わだかまりが消えて…。


それでは『ハイスコアガール』の第9話です。


このページの目次

1 自分に正直になれ…!2 もう自分を隠さない3 努力は、実らなかった…4 TVアニメ『 ハイスコアガール 』第9話「ROUND9」【感想コラム】
■自分に正直になれ…!

画像引用元:©押切蓮介/SQUARE ENIX・ハイスコアガール製作委員会 ©BNEI ©CAPCOM CO., LTD. ©CAPCOM U.S.A., INC. ©KONAMI ©SEGA ©SNK ©TAITO


今となっては、ハルオと大野にとってゲームセンターは2人のかけ橋です…大野にとってのハルオは心の拠り所です。…鍛錬のつらさを癒やす支えです。


「…時々かけ橋の場に出向いては、あなたが来るのをずっと待っていた…」


大野の気持ちを、間接的ながらも言葉でハルオがはっきり聞くことができた、初めての瞬間でした。


でも、ハルオは身に沁みて感じる事やと思います。ハルオしたら大野は無口だし感情は激しいけど何も言わない…。


見ていて本当にもどかしいシーンですね。ハルオは勉強せずずっと大野と一緒にいればよかったのか、というとそれは多分違うと思います。今は満たされても、高校時代2人は何も満たされないと思います。


「ハルオは自分の決意を後悔していない。」


■もう自分を隠さない

もう、ハルオは分かりはじめています。彼は大野のためにいるんじゃない、自分が大野と一緒にいたいんだ。


だから、小学校時代はゲーセンという自分の安住の地に、大野が入ってきたことをハルオは嫌がっていました。しかし、今は違います、彼は素直を「大野と一緒にいたい」と思っている。


このデートなこの感じ、以前にも… 一人でゲームをする大野の寂しさとハルオの頑張り、両方見たら本気で応援するしかないですね。予感はしていても最後の瞬間までドキドキしていました。あっさりなのに余韻がすごく残る締めが見事です。


大野は何もしゃべらないし暴力的だし全く社交性もないんだけど、それだけにハルオの手をギュッと握っただけの大野が愛しくて切なくて悶え死にそうですね…。


…筆者は、2人の手を握る所は切なすぎるし、涙が止まらなかったですよ…。


■努力は、実らなかった…

TVアニメ『 ハイスコアガール 』第9話「ROUND9」【感想コラム】画像引用元:©押切蓮介/SQUARE ENIX・ハイスコアガール製作委員会 ©BNEI ©CAPCOM CO., LTD. ©CAPCOM U.S.A., INC. ©KONAMI ©SEGA ©SNK ©TAITO


中学3年生も終わり間近、高校受験に向けて、ハルオは覚悟を決める。あの子のために…。


ハルオの受験については先生には「無謀」とまで言われますが、一方でその姿勢は評価されましたね。


ゲームにのめり込んでいたハルオがゲームと同じように、勉強にのめり込んでここまで努力し続ける事が出来ただけ、でもハルオは十分成長していますよね。


ハルオはがんばります、だが!ここまで本当に勉強するとは思わなかったです。


最後の合格発表のシーンは息が止まる。そこからのブラックアウトする演出が、ダメ押しで心を折りにきていて凄い…。あ~音に出さないでも高校受験は不合格だとわかる演出です、アニメ界に残る特殊エンディングですね。


それなのにこの展開はつらい、あんなに頑張って勉強したのに、ゲームも一回しなかったのに…滅茶苦茶いいラブコメですね。


■TVアニメ『 ハイスコアガール 』第9話「ROUND9」【感想コラム】

TVアニメ『 ハイスコアガール 』第9話「ROUND9」【感想コラム】画像引用元:©押切蓮介/SQUARE ENIX・ハイスコアガール製作委員会 ©BNEI ©CAPCOM CO., LTD. ©CAPCOM U.S.A., INC. ©KONAMI ©SEGA ©SNK ©TAITO


今回の「ハイスコアガール」は、本当に大野への思いであそこまで出来るハルオ、その気持ちを受けて車の中で手を握る大野でした。今回は車の中だけで十分だったと感じますね。


ハルオが一生懸命に大野の為に何が出来るかを考え、その為の努力をしっかりするエピソードですね。大野だからこそ軽く手を握る仕草がこれ以上ない感情表現へと成長します。


8話の取っ組み合いとは対照的に静かに、でもしっかりと想いが通じる様が涙腺にきますね。


一緒にいたいからこそ好きなものを我慢する事で、すれ違っていた心と手が重なり合う事で一つになりました。


ハルオは大野と同じトップクラスの高校を受けて、合格したら告白しようと思ったけど、高校受験とはいえ受験を軽く見すぎです、と思いながら見ていたらやっぱり落ちました。


でも、わかっていたけど、知らない間に筆者は涙がポロリと泣いていました。


キャラを理解しないとできない声分けなんかはグッとくるものがあります。日高の声優さんも、最初は見えないと思ったが、どんどん気持ちが変わっていく姿にあった声の変化は驚かされました。


それに声を出さない大野を安易な頬染めなどではなく、手指や視線、体の傾きなど細かい所作で感情を表現している、アニメでの演出は本当に感動しています。


今回は最初からずっと見入ってあっという間でした。当時の事が色々蘇ってグッときたし2人の心情も良かったし、EDの入り方も最高でした。


次はどんな展開が待っているんでしょうか?次回も楽しみです!!


文章:あそしえいつII


ハイスコアガールの各話も是非チェックして下さい!



第1話「ROUND 1」
第2話「ROUND 2」
第3話「ROUND 3」
第4話「ROUND 4」
第5話「ROUND 5」
第6話「ROUND 6」
第7話「ROUND 7」
第8話「ROUND 8」

(あにぶ編集部/あにぶ編集部)
カテゴリ