『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』第2話あらすじ完全版

『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』第2話あらすじ完全版

10月18日(木)放送


■妻が恋に落ちる時





瀧沢完治(佐々木蔵之介)はスイスで出会った女性、目黒栞(黒木瞳)を忘れられずにいた。そんな時、出向先の荻野倉庫の食堂で働く栞と偶然再会。踵(きびす)を返す栞を呼び止め、「会いたかったです」と思わず口にしてしまう。既婚者である完治の言動に戸惑いを隠せない栞だったが、スイスで飛ばされた傘の代わりを買ったから送りたいと言われ、母が入居している施設の住所を書いたメモを渡した。





一方、真璃子(中山美穂)は完治の浮気疑惑への憤りを抑えきれずにいた。そんな中、娘の恋人、日野春輝(藤井流星)と鮮烈な出会いを果たす。美咲と完治に会う約束で自宅を訪れた春輝に、真璃子は庭の手入れ中に怪我をした指の手当をしてもらったのだ。娘の恋人だと知りながらも、冷静で心優しい春輝に惹(ひ)かれてしまう自分に呆れる真璃子。その後、完治は仕事を理由に帰宅せず、春輝はまた出直すと瀧沢家をあとにした。美咲は仕事のことしか頭にない完治に怒り心頭、瀧沢家の中に溝が生まれ始める。





完治は正式に荻野倉庫への出向内示を受けたものの、真璃子と美咲には言えずにいた。思いに沈みながら、私物を整理していた完治に栞から電話が入る。傘のお礼を直接会って話したいと言われ舞い上がる完治。嬉しそうに電話する完治を、部下の篠田薫(本仮屋ユイカ)が見ていた。





真璃子は美咲から、改めて嘘をついてスイス旅行に行った完治を許したのか、もう諦めたのかと聞かれて答えられない。そんな時、真璃子は学生時代に憧れていた先輩が開く店のレセプションパーティーに行かないかと水原聡美(八木亜希子)に誘われる。真璃子は出勤前の完治をパーティーに誘うが気乗りしない様子。完治はその夜、真璃子に自分が出向になったことを話そうと思っていた。





その日は、完治が銀行を去る日だった。完治が挨拶をして銀行を出たころ、瀧沢家に段ボール箱が届く。それは、完治の銀行の私物。受け取った真璃子がうっかり倒してしまい、中に小さなプレゼントの箱を見つけてしまう。添えられている一筆箋には薫の名前が書かれていた。薫が贈ったプレゼントはネクタイピン。真璃子は、以前完治が部下からプレゼントされたネクタイを思い出し、疑念を深める。





銀行を後にした完治は、栞と会っていた。明日からは荻野倉庫の社員になるという完治に、栞はドイツ語が出来るふりをしたこと、既婚者だと嘘をついたことを謝る。完治と栞は素直にお互いの心を開き始めていた。栞と別れた完治は、思い直して真璃子が出かけたパーティー会場へと向かう。



完治は会場に、人の輪に入れずにいる真璃子を見つけた。知人への挨拶を済ませた完治は、話があると真璃子を連れ出そうとする。すると真璃子はネクタイのことだと勘違い。薫の名を挙げて責める真璃子に、完治は何でもないと言う。だが、何でもないことはないと声を荒らげる真璃子。そこで2人は、争う様子をパーティーの出席者に見られているのに気付く。完治は家に帰って話そうと言うのだが、真璃子は聡美たちがいる方へと行ってしまった。真璃子は聡美のマンションへ。話を聞いた聡美は、完治は浮気していると断言。さらに聡美は真璃子も恋人を作ったりして好きなことをすれば良いと促した。





翌日、完治は荻野倉庫に初出勤。しかし、社員たちの眼差しは冷たく、身の置き所がない。昼食時、栞の働く食堂に行くが彼女の姿はない。同僚の話では、栞は母の具合が悪く休んでいた。ふとベンチに座った完治は携帯電話を忘れたことに気づく。その頃、完治が忘れた携帯電話を、真璃子が銀行に届けに行っていた。真璃子が窓口で完治への取次ぎを頼むのだが、どこか気まずい様子。すると、その様子を見ていた薫が来た。真璃子が完治の妻だと知った薫は、勝ち誇ったような表情で異動になったことを教える。ショックを受けた真璃子は、名札を見て完治の浮気相手と疑う薫だと知った。



一方、完治は母のもとから仕事に戻ってくる栞と会う。二人はお互いに微笑みあい―。


見逃し配信はコチラ


■番組情報


『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』


<放送日時>



毎週木曜22時~22時54分


<出演者>



佐々木蔵之介 中山美穂 藤井流星 石川恋 礼二 麻生祐未 八木亜希子 黒木瞳 他



カテゴリ