年下男子をあなたにゾッコンにするための4つのテクニック

年下男子をあなたにゾッコンにするための4つのテクニック

かわいい年下男子を狙っている女子の皆さん。


同年代や年上男子と同じアプローチをしていても、年下男子にはイマイチ効かないかもしれません。


今回は、年下男子を振り向かせてゾッコンにするための4つのテクニックをお伝えします。ぜひ真似してみてくださいね。



テクニック1:年下男子にデートを計画させて褒めちぎる


年下男子って、職場やコミュニティではあくまでも「若い子」「後輩」ポジションのことが多いですよね。


そのため、承認欲求、簡単に言うと「褒めてほしい」欲求が高まっています。


そこを逆手にとって、「褒めちぎってあげる」と一気にあなたに夢中になるのです。


年下男子にデートを計画してもらい、そのデートの最中いたるところで、彼を褒めてあげましょう。


例えば、美味しくて素敵なレストランを選んでくれたら、その店を探してくれた労力や、センスの良さについて褒めちぎるのです。


そんな調子で、デート中小出しに彼の承認欲求を満たしてあげましょう。年下男子はどんどん満たされて「またあなたに褒めてほしい」と感じるようになっていきます。


テクニック2:普段とのギャップを見せる


年下男子は、年齢に関係なく、女性をリードしたい、男としてしっかり引っ張っていきたいと、心のどこかで思っていることが多いです。


一見大人しそうに見える年下男子であっても、プライドは一人前ということもあります。


そういった年下男子の心をくすぐるテクニックがあります。


普段は年上として凛としてカッコいい感じで振る舞っている場合は、少しお酒が入ったときに甘えてみるなど、ギャップを見せると効果的。


やりすぎはNGですが、少しだけ弱い、スキのある態度をちらっと見せるタイミングを決めて、普段のデートを重ねていくと、年下男子のプライドをどんどん満たしていくことができます。


テクニック3:キラーワードを使う


年下男子がメロメロ、ふぬけになってしまう、そんな言葉を使いましょう。


例えば、デートの待ち合わせ場所で会った一声で「会いたかった」と伝える。


少しお互いに別行動をしてまた落ち合ったときに、「さみしかった」と伝える。


映画の後に、「一緒に観ると違うね」と伝える。


デートの解散のタイミングで、「もっと一緒にいたかったな」と伝える。


年下男子は「自分は相手にとって特別な存在なんだ」と感じると、どんどん自分から恋のギアをあげていきます。


テクニック4:ひざまくらは最強テクニック!?


年下男子に膝枕


男子とはいえ、やっぱり年上の女子には甘えたいお年頃。二人っきりのときにちゃんと甘えさせてくれる年上女子には、ゾッコンになりやすいです。ベタですが、ひざまくらが特に効果的。


女子としては長い間やっていると足がしびれてしまいますので、適度な時間やってあげると良いと思います。


そして、できれば、男子にもひざまくらをしてもらいましょう。男子としては、女子よりも自分が高い位置にいますので、より支配欲を満たしてあげることができます。


年下男子の甘えたい欲求、支配したい欲求の両方を満たすひざまくらは最強のテクニックのひとつと言えます。


年下男子を虜にしよう


年下男子をあなたにゾッコンにさせるためのヒント。いかがだったでしょうか?


すぐに取り入れられるテクニックもあると思いますので、年下男子を虜にするために、ぜひ実践してみてくださいね。


(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ