『SUITS/スーツ』第3話あらすじ完全版

『SUITS/スーツ』第3話あらすじ完全版

10月22日(月)放送


■痛快リーガルドラマ!裏切り社長を引きずり降ろせ





甲斐(織田裕二)は、一緒にクライアントの元へ行きたがる大輔(中島裕翔)に、その必要はないと言い放つ。甲斐に同行することはおろか、会議への参加も認めてもらえない大輔は、パラリーガルの真琴(新木優子)に、仕事が欲しいと愚痴をこぼす。それを聞きつけた蟹江(小手伸也)は、大輔を外に連れ出す。



甲斐は、社長の加宮忠が急死した老舗時計メーカー「KAMIYA」を訪れる。KAMIYAでは、娘の静佳(東風万智子)と取締役の安樂孝志(久松信美)が葬儀を巡ってもめていた。臨終に立ち会ったという古株の工場長・岡林達樹(きたろう)も不機嫌で……。





同じころ、大輔は、総合格闘技の道場で蟹江のスパーリングパートナーを務めていた。そこに、世界的なゲームメーカー「BPM」のCEO兼チーフクリエーター・藤ヶ谷樹(柳俊太郎)がやってくる。蟹江の狙いは、ハーバード大学で藤ヶ谷と同期だった大輔を利用して自分を売り込むことだった。しかし、ハーバード大学入学直後にゲームが売れ始めた藤ヶ谷は授業どころではなかったらしく、ほっと胸をなでおろす大輔。BPM社のゲームで世界ランキング入りしたこともある大輔は、それがきっかけで彼と意気投合する。



甲斐は、社長が亡くなる前から安樂たちが国内工場を閉めて東南アジアに生産拠点を移そうと暗躍していたことを知る。甲斐は、取締役会で安樂が新社長に任命される前に、他の社長候補者を見つけようと動き出すが、そう簡単には相応しい人材を見つけることが出来なかった。








一方、結衣(田島令子)を訪ねた砂里(今田美桜)は、大輔が弁護士になったと知る。大輔が替え玉受験のせいで弁護士への道を断たれたことを知っていた砂里は、どういうことなのか、と直接彼から事情を聞いた。砂里は、もし嘘が発覚したら大輔だけでなく結衣も苦しむ、と心配する。しかし大輔は、「わかっている。でもやるしかないんだよ」と告げ……。



チカ(鈴木保奈美)は、安樂に頼まれて、海外交渉の代理人として蟹江を紹介する。それに反発した甲斐は、チカにクレームを入れた。しかしチカは、弁護士が社長のすげ替えを画策するのは越権行為だと甲斐を非難する。それでも甲斐は、安樂がまだ社長ではない以上、先代の意向を優先し、邪魔するものは潰す、と言い放つ。



甲斐は、大輔とともに反安樂派の取締役を2名増員して、安樂の社長就任を阻止しようと目論むとともに、新社長として工場長の岡林を立てようとする。大輔は、真琴の力を借りて岡林のためのスピーチ原稿を作成した。だが岡林は、何度練習しても上手くスピーチすることができない。甲斐は、岡林が覚えるまでは絶対に帰すな、と命じて席を立った。すると大輔は、原稿を破り捨て、ただ命令し、服従させる甲斐への不満をぶちまける。その際、大輔は、岡林に職人の世界の厳しさについて尋ねた。大輔は、岡林が話してくれたKAMIYAの売りであるマニファクチュール――ゼンマイから皮ベルトまですべて自社の職人が作る技術力の高さについて素直に主張すればいい、と岡林に助言する。



甲斐は、岡林たち2名の取締役就任を成功させた。だが安樂は、取締役会の臨時招集を使い、甲斐たちが来る前に社長に就任してしまう。安樂は、今後は蟹江に顧問を任せ、甲斐をクビにするという。これは、大口顧客を逃さないためにチカが手を回したためだった。



岡林の元を訪ねた大輔は、今回の件を謝罪した。すると岡林は、正直言って社長になるのは荷が重かったと返すと、スピーチ練習のおかげで会社のことを考え直すことが出来た、と大輔に感謝の気持ちを伝える。続けて岡林は、すべてを見て覚える職人の仕事と、弁護士の仕事は一緒だと思う、と言うと、必死にくらいついていけば何かが見えてくる、と大輔を励ました。



大輔は、岡林から、甲斐がKAMIYAに安樂を招き入れたことを教えられる。甲斐は、会社の体質改善を安樂に任せる代わりに、KAMIYAの根幹であるマニファクチュールだけは守ると先代社長と約束したのだという。





そんな中、大輔はチカから呼び出される。大輔のおかげで、藤ヶ谷の会社BPMと顧問契約を結ぶことができたのだ。



それから数日後。甲斐は、静佳の代理人として大輔、岡林とともにKAMIYAを訪れ、BPM社の藤ヶ谷から買収のオファーがきていることを安樂たちに伝える。筆頭株主の静佳は買収に応じるつもりだと続ける甲斐。しかも、藤ヶ谷はKAMIYAの熱心なコレクターで、次期社長にはマニファクチュールを継続できる人材を望んでいるというのだ。次期社長として甲斐が提案したのは岡林だった。岡林は、これからのKAMIYAについて決意表明をして……。



大輔は、甲斐に促されてハイヤーの後部座席に乗り込みKAMIYAを後にする。その腕には、岡林からもらったというKAMIYAの時計があった。事務所に戻った大輔は、スピーチ原稿を手伝ってくれた真琴を食事に誘った。真琴はその誘いを断るが……。



事務所を出て帰宅しようとしていた真琴は、ビルの前で砂里に声をかけられる。真琴が持っていた「幸村・上杉法律事務所」の封筒に気づいたのだ。砂里は、大輔の知り合いだと名乗ったが、そのまま立ち去ってしまう。



とあるバーを訪れた甲斐は、辛島悠紀夫(小市慢太郎)とデートしているチカの姿を見かける。甲斐は、そのまま店を後にして……。





見逃し配信はコチラから


■番組情報


<タイトル>



『SUITS/スーツ』


<放送日時>



毎週月曜21時~21時54分 


<出演者>



織田裕二 中島裕翔 新木優子 中村アン 磯村勇人 今田美桜 /國村隼/ 田島令子   小手伸也 鈴木保奈美




カテゴリ