今明かされる真相!吉田鋼太郎が恋をし、優香が驚いたフェルメールの謎とは?

今明かされる真相!吉田鋼太郎が恋をし、優香が驚いたフェルメールの謎とは?

11月2日(金)19時57分『フェルメールの罠』




吉田鋼太郎、優香


フェルメールの数々の謎に迫るフジテレビ開局60周年記念番組『史上初!10点の絵画が日本上陸 世紀の天才・フェルメールの罠 〜世界から狙われた名画の秘密〜』。気になる見所を一挙紹介!





優香、吉田鋼太郎、荒俣宏


オランダ・ハーグにあるマウリッツハイス美術館へ向かった吉田さんは、「真珠の耳飾りの少女」を前に立ち尽くします。涙が出るほど心を奪われ、まるで「恋に落ちたよう」だと語る吉田さん。漆黒の背景の前にたたずみ、見る者を見つめ返す一人の少女、その語りかけるような唇…なぜ多くの人がこの絵に魅了され、その“神聖さ”に心を奪われるのでしょうか? 世界で最も有名な名画のひとつ「真珠の耳飾りの少女」ですが、今年2月、この“少女”がいったい誰なのかという謎に関する大々的な最新調査が行われました。果たして、あの“少女”の正体はいったい誰なのか? 彼女は何を訴えかけているのか…? 最新調査結果と共に、フェルメール・ブルーと言われる“青いターバン”に隠された秘密を解き明かすほか、荒俣解説でもう一つの大いなる伏線を探ります。




二度も盗まれたという「手紙を書く婦人と召使い」の前に立つ石原さとみ


これまで何度も盗難の憂き目に合ってきたフェルメールの絵画…ボストン・マフィアが仕組んだ史上最大・世紀の美術品盗難事件、とある使命に燃えたベルギー青年が決死の覚悟で盗んだ名画「恋文」、20世紀に欧州を震撼(しんかん)させた巨大テロ組織に狙われ、さらに暗黒街の黒幕までが標的にした「手紙を書く婦人と召使い」。なぜフェルメールの数々の名画はこれほど犯罪組織やテロリストたちに狙われるのか!? その謎を解明すべく、吉田さんはオランダ・アムステルダム国立美術館へ。“アート・テロリズム”の最初の標的となった作品「恋文」を訪ね、フェルメールが狙われる理由を探ります。アートが人質となる前代未聞のアート・テロリズムとは!?





光にこだわり、光の魔術師と呼ばれるフェルメール…その葛藤の軌跡が残されているのが、初期の傑作「牛乳を注ぐ女」です。実は、この作品を含むフェルメール作品35点中11点が、同じ部屋で描かれている、ということが判明。吉田さんは、フェルメールの故郷を訪ね、フェルメールの家の窓から差し込むやわらかいその光を目撃します。優香さんがその色使いと光の粒子に心を奪われたという「牛乳を注ぐ女」。その光のフェルメール・マジックを荒俣解説の驚くべき見解で解き明かします! “自然”のリアリズムを追及したゆえの“自然”ではあり得ない非科学的な描写…。それは光工学に基づいたサイエンスによって導き出されたものだった!? 「牛乳を注ぐ女」に隠されたフェルメール・マジックを検証するため、スタジオではその情景を完全再現します!




「牛乳を注ぐ女」と優香


そして、フェルメールは全35作品の半数近くで背景にあるモノを消している! と言われています。そこで番組では、X線データをもとに消された背景、つまり“消された過去”の数々を完全再現。今回、初来日となった名画「赤い帽子の娘」の悲しげに見つめる女性の下に隠された驚くべき下絵もX線写真で検証し、その背景に浮かび上がる不気味な真相を探ります。無垢(むく)な少女の小さな絵に込められた意外な暗号とは?


■番組情報


フジテレビ開局60周年記念番組

『史上初!10点の絵画が日本上陸 世紀の天才・フェルメールの罠〜世界から狙われた名画の秘密〜』


<放送>



11月2日(金)19時57分~21時55分 ※一部地域を除く


<出演>



MC:吉田鋼太郎、優香 

ゲスト:荒俣 宏

再現ドラマ・フェルメール役:栗原 類

フェルメール展ナビゲーター:石原さとみ


カテゴリ